シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Black / Grow a Pear(熟していない固めの洋ナシと言った香り、あるいはシンプルなGreen Apple系)

time 2018/08/24

Azure Black / Grow a Pear(熟していない固めの洋ナシと言った香り、あるいはシンプルなGreen Apple系)

香りについて

熟していない固めの洋ナシのような香り。あるいは、駄菓子の青リンゴ味のガムや、薄緑色の無果汁の青リンゴ味のゼリーのような香り。
他社からGreen Apple何とかみたいな商品名で出ているフレーバーや、SBBのMisty AppleAFSEのHookah Matataなどのパッケージに青リンゴがあしらわれたフレーバーで、これと似た香料が使われていると思う。
ただし、それらより単体に近い香りであるため、ストレートかつシンプルで濃いめ。そのため、Mixになっているものより、ややマッタリした甘さを強く感じる。
最近試した中だと、TangiersのPapaya Sorbetもこれに似た香りだと思う。Papaya Sorbetを薄めてサッパリさせて、ベースの香りを抜いたような香りだろうか。
ただ、TFDのPearfectのような柔らかくなるまで熟した洋梨特有のトロンとした甘い香りはしないものの、煙を吐き終えた後の余韻は、確かに熟していない固めの洋ナシでも納得できる香り。
個人的にはGreen Apple系に近い香りだと感じたが、何度か試して慣れるうちに少し印象が変わった。Green Apple系を幾つか試したことがあるか否かで、Green Apple系か洋ナシかの感じ方が違うと思う。
熟していない固めの洋ナシと言った香り、あるいはシンプルなGreen Apple系。

煙について

煙の量と質はAzBの平均。
TFDのPearfectは煙の質がイガイガしがちだったので、それと比べると煙の質は非常に良い。
タバコ的な重さはAzBの平均。Tangiersよりは軽いが、TFDよりは重い。
香りの持ちはAzBの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はAzBの平均。個人的には少し弱めの火加減で維持する方が、洋ナシを想像しやすい香りが出ると思った。TFDのPearfectよりは火の調節が楽。
平均的なAzBの煙といったところ。TFDのPearfectよりは全体的に優秀。

(総評)82点

人によって感じ方が違う気がする。
Green Apple系を幾つか試したことがあればそれに近い香りと感じるだろうと思うが、そうでなければ熟していない固めの洋ナシの香りと感じるだろう。
実際、TangiersのForbidden Fruitなど一部のApple系からTFDのPearfectのような香りを少し感じることがあるので、これらの香りは少しオーバーラップしているのだと思う。
個人的には、TFDのPearfectが柔らかくなるまで熟した洋梨特有のトロンとした甘い香りで、誰もが洋ナシで納得の分かりやすい香りだと思う。ただ、Pearfectは煙の質や火の調節に難があるので、その点ではこちらが優れる。
AFSEのHookah MatataTangiersのPapaya Sorbetが店で人気なことを考えると、これを好きな人は多いと思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031