シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Black / Grapemania(AFのGrapeと似ている)

香りについて

AFのGrapeと似ている。煙を吐き終えるときの微かな酸味と渋味が特徴。
他社のGrape系もAFのGrapeを下敷きにしたような香りが多いが、これも同様。
最近のアメリカの会社のGrape系は、AFのGrapeより少し後味の酸味と渋味が控えめで、ややサッパリめに作られていることが多いが、これに関してはAFのGrapeと同程度。
特に煙を吐き終えた後の余韻が非常にAFのGrapeと似ており、そのあたりも含めて、最近のアメリカの会社のGrape系の中でも割とクラシックな作りだと思う。
かなり前向きに解釈すれば、酸味のあるトンプソン種のブドウの香りを濃くした感じと思えなくもないが、基本的にはシーシャのグレープといった香り。こういうもの感がある。
AzBはダークリーフの香りが控えめなので、ほとんど分からない。AFのGrapeをタバコ的に重くした感じ。

煙について

煙の量と質はAzBの平均。
割と甘さが強いが、それがノドに残ってイガイガしたりはしない。
タバコ的な重さはAzBの平均。Tangiersよりは軽いが、TFDよりは重い。
香りの持ちはAzBの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はAzBの平均。火加減によって甘さの出が変わったりはするが、焦げたり崩れたりはしにくい。
平均的なAzBの煙といったところ。可もなく不可もない。

(総評)70点

かなりAFのGrapeと似ている。良く言えば基本に忠実、悪く言えばありきたり。
やはりシーシャのGrape系といった香りで、マスカットや巨峰などと言った実物のブドウとは遠いところにあり、こういうもの感がある。
ちなみに、AFのGrapeは海外だと必ずどこの店にも置いてある定番だが、日本だとそこまでの人気は無い印象。
かくいう自分も、後味の少しの酸味と渋味が長く吸っていてだんだんクドく感じられてくるので、そこまで好きではない。
実物のブドウをイメージさせる香りであれば、Black Grape系の香りにはなるが、最近試した中ではAB StraightのGrapeの出来が良かったと思う。
AFのGrapeが好きで、それよりタバコ的に重いものを探しているのであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930