シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Gold / White Gummi Bear(FumariのWhite Gummi Bearと似ている、主な違いは煙の質)

time 2018/10/03

Azure Gold / White Gummi Bear(FumariのWhite Gummi Bearと似ている、主な違いは煙の質)

香りについて

FumariのWhite Gummi Bearと似ている。主な違いは煙の質という感じ。
メインはFruit Mix系の香りで、おそらくPineapple系が主体だと思うが、基本的には漠然と何かのフルーツっぽい香りという感じ。
序盤だけ極めて微かにCoconut系っぽいマッタリした香りを感じる気もするが、下記のグミのような香りの終わりをそれと混同しただけの可能性が高い。
煙を吐き終えるときに、グミの後味のような少し人工的なお菓子っぽい香り、カドの無いモワッとした甘い香りが鼻を抜けるのが一番の特徴。
SBBのWhite BearAB OriginalのPolar Bearより、グミの後味のようなお菓子っぽい香りが強く、このあたりがFumariのWhite Gummi Bearと似ている。
フレーバーの特徴であるグミの後味のようなお菓子っぽい香りがハッキリしているあたり、Azureらしい作りだと思う。

煙について

煙の量と質はAzGの平均。
他社のウオッシュドのフレーバーよりウェットだが、Fumariよりはモッタリした感じが少ない。
タバコ的な重さはAzGの平均。おおよそSBと同じ、AFより少し軽いぐらい。
香りの持ちはAzGの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はAzGの平均。割と適当に調節していても、特徴であるグミのようなお菓子っぽい香りが出るので、優秀。
Fumariの煙と似ているが、それより少しウェットさが控えめでキレが良い。

(総評)77点

FumariのWhite Gummi Bearと似ている。一番の違いは煙の質。
SBBのWhite BearAB OriginalのPolar Bearより、グミの後味のようなお菓子っぽい香りが強いので、AzGらしくフレーバーの特徴が分かりやすくて良い。
それはそうと、AzGはこれの他にもRed Gummi BearがあったりMuffin系が充実していたりと、Fumariが好きな層をターゲットとして強く意識していそうな気がする。
FumariのWhite Gummi Bearは、2016年に大手海外通販サイトのHookah-Shisha.comで行われたフレーバーの人気投票で1位をとっているので、好きな人は多いと思う。
AzGは他社のウオッシュドと比べるとウェットさが強いが、Fumariよりは少しウェットさが控えめで煙を吐き終えるときのキレが少し良いので、煙の質の好みでこれかFumariかを選ぶと良いだろう。
FumariのWhite Gummi Bearが好きであれば、試す価値は大きい。より好みのものが見つかる可能性がある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31