シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Gold / Candy(スキットルズをまとめて何粒か口に入れて噛んだような香り)

time 2018/11/02

Azure Gold / Candy(スキットルズをまとめて何粒か口に入れて噛んだような香り)

香りについて

スキットルズをまとめて何粒か口に入れて噛んだような香り。
日本のキャンディにはあまり見かけない香りではあるが、おそらく多くの人が一度は口にしたことがある香りだと思う。
メインはLemon系とOrange系を混ぜたような香りで、そこに何かのお菓子っぽいケミカルだが丸みのある甘さが混じる。
Lemon系のスッとした後味と何かのお菓子っぽい丸い甘さが合わさり、煙を吐き終えるときに、FumariのMojito Mojoに見られたアルコールを表現したと思われるテイストを何倍かに薄めたような香りを感じる。
全体として見ると、SBBのDibs on Ashleyと似ている。ケミカルなお菓子系の香りではあるが、他の香りが無く何となく甘い香りだけのSBのCandyや、Banana系に近い香りがあるAFのBubble Gum、このあたりとは異なる。
レモン味やオレンジ味やストロベリー味など何種類かの味が混じった、糖衣つきの小さなキャンディをまとめて口に入れたような香り、と言われれば割と再現度は高いと感じる。ハイチュウにレモン味があったら、こういう香りがしそうだな、とも思う。
Lemon系とOrange系のMixに、ややケミカルな何かのお菓子っぽい丸い甘さが少々。SBやHAZEみたいだな、という感じ。

煙について

煙の量と質はAzGの平均。
Citrus系の香りは入っているが、そこまで濃いめでもないので、Citrus系に特有のハードな当たりなどは無い。
タバコ的な重さはAzGの平均。AFと同じか、それより少し軽いぐらい。SBやFumariよりは少し重い。
香りの持ちはAzGの平均か、それよりわずかに長い。時間による香りの変化も少ない。最後まで一定して香る。
安定感はAzGの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
平均的なAzGの煙。薄っすらとCitrus系が入っていることも含めて考えれば、やや煙の質はスムーズ。

(総評)67点

SBBのDibs on Ashleyと似ている。
Dibs on Ashleyをレビューしているときは分からなかったが、改めてこれをキャンディと言われて試してみると、Dibs on Ashleyの方もなるほどと思った。
ちなみに、メインの香りなどは異なるが、こういう人工香料もりもりな感じが特徴の駄菓子っぽい香りは下記のように各社から色々と出ている。
これは、ねるねるねるねのメロン味のような香りだったAzBのUnicornよりはケミカルなクセが控えめ、AFのBubble GumUglyのHappy HourのようなBubble Gum系よりは何となく垢抜けた感じ、FumariのWhite Gummi BearAzGのWhite Gummi Bearよりは少しクセがあるが特徴であるお菓子っぽさがハッキリしている、みたいな感じか。
ケミカルと書くと敬遠されがちだが、レモン味のハイチュウみたいな香りと言われて吸えば、割と好きな人もいる気がする。
ただ、正体が分かってしまえば何と言うことは無いのものの、Lemon系のスッとした後味と何かのお菓子っぽい丸い甘さが合わさった香りには、いくらかのクセを感じる可能性があると思った。
SBBのDibs on AshleyAzGのMoscow Never Sleeps、あとAB OriginalのRussian Muleあたりが好きであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930