シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Gold / Chocolate Cake(ビターチョコレートのような香りで、ウォッシュドのChocolate系の中では再現度が高い)

time 2018/11/12

Azure Gold / Chocolate Cake(ビターチョコレートのような香りで、ウォッシュドのChocolate系の中では再現度が高い)

香りについて

程よいビターさが特徴のChocolate系の香り。Chocolate系の中では再現度が高め。
Coffee系に似た焦げたようなビターさが少し入っているのが特徴で、SBVのTiramisuSBBのBrownieなどの後発のChocolate系と近い系統の作り。
ただ、それらと比べるとCoffee系っぽいビターさが控えめで、甘さも少し控えめ。Coffee系っぽさを感じさせない程度にビターなおかげで、ややチョコレートをイメージしやすい。
後発のChocolate系の幾つかはCoffee系の香りやVanilla系の香りが強めで、チョコレートと言うよりもリキュールのベイリーズみたいな香りだったりするが、そういったことは無い。
また、AFのChocolateあたりに見られる粉っぽさが非常に控えめで、ココアシガレットのような駄菓子っぽさが抑えられている。商品名にはケーキとあるが、FumariやAzBのMuffin系に見られる焼き菓子っぽい香りは入っていない。
そのため、ブラウニーなどのチョコレートケーキと言うよりは、ビターチョコレートやダークチョコレートみたいな商品名の方がシックリくる香りだと思う。
LavooのMint Frappeのチョコレート部分の香りを思い出させる、ダークリーフのChocolate系にありそうな香りで、ウォッシュドのChocolate系の中では珍しく再現度が高め。

煙について

煙の量と質はAzGの平均。
他社のウオッシュドのフレーバーと比べると少しウェットさが強く、Fumariからモッタリした感じを少し減らしたような煙の質。
後発のChocolate系の幾つかに見られるCream系のテイストは入っていないので、それに特有のモワッとした煙の質は無い。
タバコ的な重さはAzGの平均。おおよそSBと同じ、AFより少し軽いぐらい。
香りの持ちはAzGの平均。中盤あたりから少しずつ香りの輪郭がハッキリしなくなってくるので、時間による香りの変化は少々ある。
安定感はAzGの平均。焦げたり崩れたりはしにくいが、気持ち弱めの火加減で維持する方がチョコレートをイメージしやすい香りが出ると感じた。
平均的なAzGの煙と言ったところ。

(総評)76点

Chocolate系の中では再現度が高く、良く出来ていると思う。
個人的には、AFのChocolateなどのココアシガレットのような香りより、最近のダークリーフのChocolate系の方が好きなので、なかなか楽しめた。
Coffee系に似た焦げたようなビターさが入っているが、ビターさを出しつつもCoffee系っぽさを感じさせない程度の絶妙な濃さなのが良かった。
ウォッシュドのChocolate系はココアシガレットのような香りが多いので、ダークリーフのChocolate系にありそうな再現度が高めの香りをウォッシュドの重さで楽しめる点でも、需要があると思う。
SBBのBrownieが好きな人や、TFDのTKOSBVのTiramisuLavoo HeritageのMint Frappeなどの香りは好きだが、それらは少しタバコ的に重すぎると感じる人に良いだろう。
個人的にはTFDのTKOと甲乙つけがたい出来だと思う。Chocolate系が好きならば試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31