シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Gold / Royal Mango(国産マンゴーのような香りで再現度が高く、他社のMango系には珍しい出来)

time 2018/11/17

Azure Gold / Royal Mango(国産マンゴーのような香りで再現度が高く、他社のMango系には珍しい出来)

香りについて

マッタリめではあるが不思議とクドさが少ないMango系の香りで、他社には珍しい仕上がり。
メインは穏やかな丸みのあるトロンとした甘さで、他社のMango系とは違った後に残らないマッタリした甘さが特徴。
そこに、AFのMangoを始めとする他社のMango系によく見られるワックスのようなツンとした香りが微かに混じる。
下記のように火加減によるものの、このツンとした感じのあるワックスっぽい香りは、煙を吐き終えるときと余韻とに微かに感じられる程度で控えめ。
そのため、香りや酸味が強めのフィリピンマンゴーと言うよりは、トロンとしたカドのない甘さが強めの国産マンゴーのような香りに感じる。再現度は高い。
AzGのMango Cheesecakeのマンゴーの部分の香り、あるいはFantasiaのWild Mangoの少々の酸味っぽさが飛んだ中盤以降の香りに少しだけワックスっぽさを足したような香り。
Mango系はフィリピンマンゴーのような香りのものが多いが、これは珍しく国産マンゴーのような香りがする。良く出来ている。

煙について

煙の量はAzGの平均。煙の質はAzGの平均か、それより少し良い。
他社のウオッシュドのフレーバーと比べると少しウェットさが強く、Fumariからモッタリした感じを少し減らしたような煙の質。香りとの相性が良い。
タバコ的な重さはAzGの平均。おおよそSBと同じ、AFより少し軽いぐらい。
香りの持ちはAzGの平均。時間による香りの変化も少ない。どことなく淡さがあるものの、薄味で持ちが悪いということは無い。
安定感はAzGの平均に劣る。焦げたり崩れたりはしにくいが、特徴をシッカリと出すための火加減の見極めが少しシビア。火が強すぎるとワックスのようなツンとした感じが強く出すぎてしまう。
特徴を出すための火加減の見極めが少し難しいが、煙の質と香りとの相性は良い。

(総評)83点

地味に新しいタイプのMango系だと思った。良く出来ている。
微かにワックスっぽい香りはあるが他社のMango系と比べると非常に控えめで、それ以外の部分の香りが他社のどれとも違うのが面白い。それでいて確かにマンゴーだとハッキリ分かるので、良く出来ていると思う。
ちなみに、生の状態で嗅ぐとハッキリと国産マンゴーっぽい香りがして、他社のMango系とは毛色が異なる。やはり香料が違うのだろうな、と思ったりする。
個人的にワックスのようなツンとした香りが苦手なので、Mango系の中ではFantasiaのWild Mangoが良いと思っていたが、それよりもこっちの方が好き。
AzGのMango CheesecakeやFantasiaのWild Mangoが好きであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31