シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Gold / Winter Peach(Apricot系とフローラル系のMix)

time 2018/12/22

Azure Gold / Winter Peach(Apricot系とフローラル系のMix)

香りについて

フローラル系:Apricot系:Mint系=2:1:1ぐらいのMixだろうか。
Tangiersのフローラル系あるいは紅茶系に似た香りがするのが特徴で、あまりPeach系 Mixっぽくは無い。
少しだけ渋みがあるフワッとした広がりのある穏やかな甘さのフローラル系の香りで、レモングラスのような香りだったTangiersのRegal Flowerを思い出させる。
煙を吐き終えるときに、マッタリしたフルーツ系の香りを感じるが、Peach系と言うよりはApricot系の香りに近い。
ただし、AFのApricotなどのApricot系自体がマッタリしたPeach系に少々のフローラル系を足したような香りなので、上記のフローラル系に似た香りと併せて、そう感じた可能性はある。
とりあえず、AFのPeachのようなマッタリした甘さの中東の会社っぽいPeach系や、SBのPeach系やTFDのVentura Peachのような香りの輪郭がハッキリした少々のキレ感のあるアメリカの会社っぽいPeach系などの、典型的なPeach系の香りとは異なる香り。
そこに、AFのMintと似たマットな感じの清涼感が混じる。清涼感の強さはAFのMintの1/4~1/3ぐらいで、グリーンな香りなどは目立たない。
Apricot系やPlum系にナチュラルなフローラル系を少し強めにMixして、穏やかなMint系を少々といった感じ。

煙について

煙の量と質はAzGの平均。
他社のウオッシュドのフレーバーと比べると少しウェットさが強いが、清涼感のおかげかモッタリした感じなどは無く、割とキレが良い。
タバコ的な重さはAzGの平均。おおよそSBのスタンダードラインやSBBと同じ、AFより少し軽いぐらい。
香りの持ちはAzGの平均か、それより少し長い。時間による香りの変化は少ない。一定して長く続く印象。
安定感はAzGの平均より少し良い。Kaloud Lotusであれば結構適当にしていても、焦げたり崩れたりしにくい。
香りの持ちの良さと扱いやすさに優れる。

(総評)79点

TangiersのApricot Spring Blendと似ていると思った。
フルーツ系の香りをフローラル系でアクセント付けという点で、AzBのUltra VioletTangiersのLemon Blossomとも作りは似ている。
TangiersのApricot Spring BlendやLemon Blossomはタバコ的な重さの点に難があるものの、香り自体は好きな人が多いらしく、割と店で人気だった。
こういう芳香剤っぽさが控えめなフローラル系のMixというのは、上記のように意外とダークリーフのフレーバーにしか無いので、ウォッシュドのタバコ的な重さでそれを楽しめるという点でも、なかなか良いと思う。
TangiersのApricot Spring BlendLemon BlossomAzBのUltra Violetあたりが好きなら、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031