シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Gold / Winter Rose(Lemon系とLime系のMixを、クセの無いフレッシュハーブのような香りでアクセント付け)

time 2018/12/25

Azure Gold / Winter Rose(Lemon系とLime系のMixを、クセの無いフレッシュハーブのような香りでアクセント付け)

香りについて

Citrus系:香草系あるいはフローラル系=6:4ぐらいのMix。他社のRose系には珍しい仕上がり。
煙を吐き終えるときに、Lemon系とLime系を半々でMixしたようなCitrus系の香りを強めに感じるのが特徴。
おそらくLime系と思われる香りが入っているが、酸味のあるクラシック寄りなLemon系も入っているおかげで、ケミカルさは目立たない。このあたりのバランスはTangiersのNew Lemon-Limeと似ている。
香草系あるいはフローラル系の香りは、AzBのLemongrassの青い香りの部分を濃くしたような、クセの無いフレッシュハーブ思い出させる香り。あるいはTangiersのRegal Flowerを薄めてアッサリさせた、小さな野花のような香りだろうか。
とりあえず、ナハラのRoseのようなバラの精油っぽいコテコテの香り、SBのフローラル系のような芳香剤っぽい香りとは大きく異なる。個人的には、クセやクドさが無くて良いと思う。
ただ、上記のCitrus系のような香りが強めなのもあり、香草系あるいはフローラル系の香りが入っていることは分かるものの、Rose系かと言われると少し微妙。
一応、AFのRoseやGLのRose GardenなどのRose系も、後味にCitrus系と似た香りがあるので、そのあたりは少し踏襲しているのだろうと思う。
とは言え、Citrus系の香りが強めな点、またLime系に似た香りが入っている点でも、やはり他社のRose系とは大きく異なる作り。
典型的なRose系と言うよりは、Citrus系のMixを香草系あるいはフローラル系でアクセント付けしたような、全体に割とサッパリめの香り。

煙について

煙の量はAzGの平均。煙の質はAzGの平均か、それに少し劣る。
上記のようにCitrus系に似た香りが強いため、それらの酸味っぽさによるノドへの当たりが少々ある。気になる程ではない。
タバコ的な重さはAzGの平均。おおよそSBのスタンダードラインやSBBと同じ、AFより少し軽いぐらい。
香りの持ちはAzGの平均。時間による香りの変化は少ない。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はAzGの平均か、それにわずかに劣る。強めの火加減でも焦げたりはしにくいが、火加減が強すぎると酸味ばかりが前面に立ちすぎて特徴が分からなくなる。気持ち程度、弱めの火加減で維持するのが良いだろう。
少しだけ火加減に気を使う必要があるが、問題になる程では無い。他はAzGの平均的な煙。

(総評)81点

Rose系かと言われると微妙で、TangiersのLemon Blossomに近い香り。より大枠で見れば、TFDのNatural Orderとも似た作り。
上記の2つは店でも人気があるので、商品名からはイメージしづらいと思うが、好きな人は結構いると思う。
個人的に、ナハラのRoseのようなバラの精油っぽいコテコテの香り、SBのフローラル系のような芳香剤っぽい香りは苦手なので、そのあたりと異なる香りなのが良かった。
AzGのWinter Peachもそうだったが、こういう芳香剤っぽさが控えめな香草系あるいはフローラル系のMixというのは、意外とダークリーフのフレーバーにしか無いので、ウォッシュドのタバコ的な重さでそれを楽しめるという点は良いと思う。
ただ、重厚なマッタリした香りやハッキリしたフローラル系の香りのような典型的なRose系を期待していると、物足りなさを感じるのではないか、という気はする。
TangiersのLemon BlossomTFDのNatural OrderAzBのLemongrassが好きであれば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031