シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Afzal / Pan Fusion(Clove系の香りが強めで、それによるキレ感が特徴)

time 2019/01/31

Afzal / Pan Fusion(Clove系の香りが強めで、それによるキレ感が特徴)

香りについて

Clove系:Pan Razna系=3:2ぐらいのMix。
クローブの香りが特徴。鼻を抜けるツンとした感じとモワッとした少しマッタリめのクセがある香りで、Cardamon系やCinnamon系とも異なるSpice系。
TangiersのCloveと同様、実物のクローブの香りを知っていれば確実にそれで納得のいく香りで、再現度は非常に高い。
ちなみに、クローブはビスや釘みたいな形をしたスパイスで、パンプキンパイやチャイの香り付けや肉料理の臭み消しなどに使われる。
やや上記のClove系の香りに押されていて細部が分かりにくいものの、Pan Razna系の香りは、おそらくAfzalのBombay Pan Masalaと似たフンワリめの香りだと思う。
ただ、Clove系の鼻を抜けるツンとした感じがあるため、全体として見るとPan Razna系に特有の独特なキレ感に近いものは強めに感じる。
AfzalのBombay Pan Masalaと似たフンワリめの香りに、Clove系の香りで別種のキレ感を加えているあたりに、工夫を感じた。
Clove系の香りが強めで、それによるキレ感が特徴のPan Razna系。

煙について

煙の量と質はAfzalの平均。
Clove系の香りのせいか少しノドに障る感が出ることはあったが、火の調節でどうにでもなるレベル。AFのPan Masalaのようなチリチリした煙の質では無い。
タバコ的な重さはAfzalの平均。おおよそAFと同じぐらいの重さ。FumariやSBよりは少しだけ重い。
香りの持ちはAfzalの平均か、それより少し長い。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はAfzalの平均にわずかに劣る。あまり火が強すぎると煙の質が崩れて、妙な酸味も出てしまう。序盤は気持ち弱めの火加減で維持した方が無難。
いくらか弱めの火加減で維持する必要があるが、他はAfzalの平均。

(総評)70点

Pan RaasやSweet Panなど、Afzalは色々と工夫したMixを作るなぁ、という印象。
個人的な意見だが、Pan Razna系が好きな人は独特なキレ感やクセなどのボディのあるテイストを求める傾向にあると思う。AfzalのPan Raasはシャープな清涼感で、AfzalのSweet Panはハードな酸味で、これはClove系の独特なスパイスらしい香りで、そのあたりのボディや満足感を出そうとしたのだろう、という印象。
その点では、それぞれMixされている香りや仕上がりは大きく異なるものの、どれも狙いと言うか方向性と言うかはブレていないと思った。ただ、Clove系の香り自体そもそもクセが強いので、Afzalの他のものと比べるとクセや主張が強い。
TangiersのClove:AfzalのBombay Pan Masala=1:1ぐらいでMixすれば、割と近い香りになると思う。
ややマッタリめの香りの中にも独特なキレ感のあるSpice系の香りが好きであれば、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728