シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Dark / Ruby(Melon系とCherry系のMixだが、全体として見るとどことなく香草系っぽい香り)

time 2019/08/24

Trifecta Dark / Ruby(Melon系とCherry系のMixだが、全体として見るとどことなく香草系っぽい香り)

香りについて

Melon系:Cherry系=3:1ぐらいのMixに、おそらくCinnamon系と思われるアクセント。
メインはウリ臭さや青臭さが強めのMelon系の香りで、最近のMelon系には珍しい香り。割とクラシック。
どことなくAFのMelonを思い出させる香りで、SBVのHoney Dew Meあたりの丸い甘さの最近のMelon系とは異なる系統。
Cherry系の香りは、ツンとした感じのあるアメリカの会社によくあるCherry系。
TangiersのDark Cherryを何倍にも薄めて、そこにAFのCherryのマットな甘さを足した感じだろうか。AB StraightのCherryと似ている。
そこに、Cinnamon系と思われる香りが微かに混じる。AFのCinnamonのような、やや土臭さのあるCinnamon系だと思う。
個々を見るとそう珍しいMixでは無いが、煙を吐き終えるときにMelon系のウリ臭さとCherry系のツンとした感じが混じり、どことなくキレのある香草系っぽい香りに感じられるのが非常に面白い。
ローズマリーやセージなどの爽やかな香草と言うよりも、リコリスなどのような少しクセのある香草のような香りだろうか。
やや土臭さのあるCinnamon系の香りも、この香草っぽく感じられるメインの部分と上手く噛みあっていると思った。
Melon系の香りのチョイスが独特で、個々の香りのチョイスの割に、全体で見ると非常に面白い仕上がり。

煙について

煙の量と質はTFDの平均。
過度なウェットさは無いがスムーズな煙で、安定感があるので煙の質とボリュームを両立しやすい。
タバコ的な重さはTFDの平均で、やや重め。SBVより少し重く、おおよそAFの1.4倍ぐらいの重さ。AzBと同じか、それより少し軽いぐらい。
香りの持ちはTFDの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに一定して順当に薄れていく。
安定感はTFDの平均。いくつかのMelon系は火の調節が難しいが、これに関しては割と適当にしていても香りの出や煙の質が維持される。
ちなみに、陶器のPhuunel系で作る方が、甘さが控えめになり全体にキレやエッヂが増す。このへんは好みの問題だと思う。
スムーズだが過度なウェットさは無く、独特なキレのある香りとマッチした煙。

(総評)69点

ややクセはあるが、地味に凝ったMixだと思った。
感じ方は人それぞれだと思うが、個人的には香草系やSpice系のフレーバーに近い香りだと感じた。
AF Fusionの3ALA MoodakTFDのNatural Orderあたりと比べると、ややフルーツ系っぽい甘さが強いものの、やはりMelon系の青臭さとCherry系のツンとした感じが混じった部分は、香草系の香りに近いものを感じる。
ただし、材料になっているのがクラシックなMelon系の青臭さとCherry系のツンとした感じなので、3ALA MoodakやNatural Orderと比べると、いくらかのクセはあると思う。
とはいえ、以前からあったMelon系とCherry系の香りで、こういう香草系っぽさを出しているあたり、他社には無い面白いMixだと思う。
AF Fusionの3ALA MoodakAzBのSpiced BerrySBVのSpice Me Red、このあたりが好きなら琴線に触れる可能性がある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30