シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Eclipse / Draco(Blueberry系とHoney系のMix、Honey系の香りが分かりやすいのが優秀)

time 2019/08/28

Nirvana Eclipse / Draco(Blueberry系とHoney系のMix、Honey系の香りが分かりやすいのが優秀)

香りについて

Blueberry系:Honey系=3:2ぐらいのMix。Honey系の香りが分かりやすいのが優秀。
Blueberry系の香りは、ややガムやキャンディっぽさのある香り。そのぶん輪郭はハッキリしている。
セミドライフルーツのブルーベリーのような香りだったNirvana EclipseのCygniと比べると、ややアメリカの会社っぽいBlueberry系の香りという印象。
ただ、SBのBlueberry系やAzBのBerryManiaのような、コテコテのガムやキャンディっぽい香りではないので、露骨なケミカルさは無い。
そこに、ハチミツが口から溶け去ったあとの残り香を薄めたような香りが混じる。余韻の出来が割と優秀で、まずまずハチミツを連想させる。
AFのHoneyは単体だと濃すぎて何だか分からず、何かとMixして薄めた方がハチミツっぽい香りを感じやすいフレーバーだったが、そういったことは無い。
あと、蒸らしている時の香りからするに、おそらくイチゴのヘタの部分のような中東の会社っぽいStrawberry系が入っていると思うが、上記2つの香りに押され気味でやや分かりにくい。
ただ、煙を吐き終えるときにBlueberry系の香りの後ろに、やはりStrawberry系の甘さがあると思う。個人的には、これのおかげで何故かHoney系の香りの再現度が増していると感じた。
また、Blueberry系の香りの輪郭がハッキリしていることで、相対的にHoney系の香りが分かりやすくなっている印象。
Honey系の香りが割と分かりやすいのが優秀なBerry系のMix。

煙について

煙の量と質はNirvana Eclipseの平均。
Honey系の香りがあり全体にマッタリした甘さだが、それがノドに残ってイガイガするようなことは無い。
タバコ的な重さはNirvana Eclipseの平均。TFDと同じか、それより少し軽いぐらい。SBVより少し重い。AFの1.4~1.5倍ぐらいの重さだろうか。
トータルで見たときの香りの持ちはNirvana Eclipseの平均。ただ、中盤を過ぎたあたりでHoney系の香りの輪郭が少しボヤけてしまうので、時間による香りの変化は少々。
安定感はNirvana Eclipseの平均か、それに少し劣る。高温でも焦げたりはしにくいが、高温だとBlueberry系の香りが強く出過ぎて、Honey系の香りが分かりにくくなる。気持ち弱めの火加減で維持する必要が特徴が出やすいと思った。
時間による香りの変化が少しだけ気になるが、序盤~中盤のHoney系の香りの分かりやすさを考えれば、まぁ許せる範囲。その他の目立った欠点は無い。

(総評)73点

個人的にHoney系に思い入れは無いが、それなりに良く出来ていると思った。
Honey系の入ったMixは、どこにHoneyがいるのか分かりにくいことが多いが、その中では割と分かりやすい方。まずまず良く出来ていると思う。
微かに混じるStrawberry系の香りによって、何故かHoney系の香りが分かりやすくなっているのも面白いと思った。もっとも、このへんの感じ方には個人差がありそうだとは思うが。
Honey系のMixが好きな人や、Nu HookahのBlueberryが好きでもう少し全体にマッタリした甘さが強めのものを探している人は、試してみる価値がある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30