シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Eclipse / Cygni(ややマッタリめで穏やかな甘さのBlueberry系)

time 2019/08/29

Nirvana Eclipse / Cygni(ややマッタリめで穏やかな甘さのBlueberry系)

香りについて

ややマッタリめで穏やかな甘さのBlueberry系。
強いて言うなら、ブルーベリーのドライフルーツを濃くしたような香りだろうか。
SBのBlueberry系やAzBのBerryManiaよりブルーベリーガムやキャンディのような香りが控えめで、人工香料っぽさが少ない。
また、AFのBlueberryあたりと比べると後味の渋みが無く、甘さも少し控えめ。そのため、後に残るクドさやエグさが無い。
ちなみに、パッケージや宣材写真にはBlueberry系とMint系のMixと書いてあるが、清涼感はほとんど分からなかった。個人的にはBlueberry系単体だと感じた。
露骨なガムやキャンディっぽさは控えめだが、実物のブルーベリーの味や香りの薄さを考えると、他社のBlueberry系と同様に色々と強調されている感はある。
とはいえ、ダークリーフの香りのおかげで全体にナチュラルな風合いになっており、ドライフルーツにして味と香りの濃くなったブルーベリーと言われれば、それなりに納得できる香りではあるので、地味に良く出来ていると思う。
マッタリした甘さだがクドさやエグさの無い、ダークリーフらしいナチュラルな風合いのBlueberry系。

煙について

煙の量と質はNirvana Eclipseの平均。
他社のBlueberry系と同様やや高熱に弱いので、煙の質と香りの出を維持するには少し弱めの火加減にする必要がある。
タバコ的な重さはNirvana Eclipseの平均。TFDと同じか、それより少し軽いぐらい。SBVより少し重い。
香りの持ちはNirvana Eclipseの平均か、それより少し長い。時間による香りの変化も少ない。一定して長めに続く印象。
安定感はNirvana Eclipseの平均か、それに少し劣る。Blueberry系は高熱に弱いものが多いが、これも同様。気持ち弱めの火加減で始めるのが無難。
気持ち弱めの火加減で維持する必要があるが、香りの持ちは良い。他はNirvana Eclipseの平均。

(総評)76点

アメリカの会社の典型的なBlueberry系、中東の会社の典型的なBlueberry系、どちらとも微妙に違う香り。
それでいて、TFDのBlueberryAB StraightのBlueberryのような変わり種っぽい作りでもなく、割と王道に近い香り。
ガムやキャンディっぽさ、AFのBlueberryのようなクドさやエグさが無く、その割に香りの輪郭がハッキリしている。なおかつ馴染みも良い。
いくつかBlueberry系を試したことが無いと分かりにくいとは思うものの、探してみると意外に似た系統のBlueberry系が無く、地味に新しい香りだと思った。
AFのBlueberryよりも少しマッタリめだがクドさやエグさは無いもの、アメリカの会社っぽいBlueberry系よりもケミカルさが控えめなもの、そのようなBlueberry系を探しているのであれば試す価値は非常に大きい。
強いて言うなら、Nu HookahのBlueberryNirvana EclipseのDraco、このあたりが好きなら琴線に触れると思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30