シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher / Thanda Paan(やや濃い口でキレ感などがハッキリしている、オーソドックスなPan系単体)

time 2019/09/06

Al Fakher / Thanda Paan(やや濃い口でキレ感などがハッキリしている、オーソドックスなPan系単体)

香りについて

Nu HookahのPan RaznaAFのPaan MasalaAfzalのSpecial Panあたりと同じく、Pan系単体の香り。
白檀のような何かの香木っぽい香りがメインで、煙を吐き終えるときにレモングラスのような香りが混じる。
メインは雑貨屋や服屋で焚いているお香のような香りで、クセはあるが妙にスッキリしていてキレが良い。良く言うと白檀、悪く言うとなんだか仏壇っぽい。
煙を吐き終えるときの、ややレモングラスに似た香り、酸味やビターさは無いが何となくLemon系っぽい香りが少し強めなのが特徴か。
Nu HookahのPan Raznaより少しお香っぽい香りのキレが控えめで、少しフンワリした広がりのある感じが強い。また、煙を吐き終えるときのCitrus系っぽい香りと微かな甘さも少し強い。
AFのPaan Masalaより全体に香りが濃いめ。AFのPaan Masalaは全体に少し薄味だったので、ベースの香りによる背後のボンヤリした甘さが少し悪目立ちしていたが、そういったことは無い。
このあたりを踏まえると、今まで試した中だとAfzalのSpecial Panに近い香りだと思った。あるいは、Nu HookahのPan RaznaAfzalのBombay Pan Masalaの中間ぐらいの香り。
AFのPaan Masalaよりも全体に少し濃い口でキレ感などがハッキリしている、割とオーソドックスなPan系単体。

煙について

煙の量はAFの平均。煙の質はAFの平均か、それに少し劣る。
最初の10分程度のみ、少しノドにチリチリと障る煙の質。以降はAFの他のフレーバーと同じか、それより少しドライな感じの煙の質に落ち着く。
最後までチリチリした煙の質だったAFのPaan Masalaよりは良いが、他社のPan系と比べると煙の質の悪さが否めない。
タバコ的な重さはAFの平均。SBやFumariより少し重い。だいたいAB Stoutと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはAFの平均か、それより少し長い。時間による香りの変化は少ない。下記のように弱めの火加減で維持することになるのもあり、香りの持ちは少し長めに感じる。
安定感はAFの平均に劣る。やや弱めの火加減にして、フレーバーを圧縮気味に詰めてKaloud Lotusの底面とフレーバーの表面との距離を設けたりしないと、ノドにチリチリと障る感じが出る。
AFのPaan Masalaほどでは無いが、序盤は火の調節に気をつかう必要がある。

(総評)73点

AFのPaan Masalaよりも、Pan系が好きな人に受けが良さそうだと思った。
AFのPaan Masalaは全体に少し薄味めで、ベースの香りによる背後のボンヤリした甘さが悪目立ちしていると思ったが、そういったことが無いのが良かった。
全体に少し濃い口でキレ感やCitrus系っぽい香りがハッキリしており、Nu HookahのPan RaznaやAfzalのSpecial Panあたりと同類のオーソドックスなPan系単体の香り。
序盤は火加減に気をつけないと煙の質が少しチリチリしてノドに障るが、AFのPaan Masalaよりは扱いやすく香りの輪郭もハッキリしている。
個人的にPan系単体であれば、Nu HookahのPan RaznaAfzalのSpecial PanAfzalのBombay Pan Masalaあたりから試すのが、それぞれ特徴があって良いと思う。
ただ、それらが手に入りにくいのであれば、これも選択肢にあがるだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930