シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Eclipse / Oberon(オレンジの入ったカクテル系っぽい、やや人工的な香り)

time 2019/09/20

Nirvana Eclipse / Oberon(オレンジの入ったカクテル系っぽい、やや人工的な香り)

香りについて

お菓子っぽさ、あるいはカクテルっぽさのあるOrange系。無果汁のオレンジソーダと言われれば、何となく納得の香り。
パッケージにはOrange Sodaと書いてあり、Orange系のノドへの当たりとは少し異なる、炭酸の表現っぽいチクチクした当たりがあるのが特徴。
もっとも、ソーダと言われれば確かに炭酸っぽいと思えるものの、何も言われず出されたら少し変わったOrange系の酸味によるノドへのあたりと思って見逃す気もする。
メインのOrange系の香りもバヤリースのような香りで、お菓子っぽさ、あるいは微かだがどことなく硬質なビニールっぽさが感じられる。
AFのOrangeあたりの典型的なOrange系とは異なる香りで、個人的にはGLのTequila Sunriseあたりのオレンジの入ったカクテル系に近い香りだと思った。
とりあえず、何となく普通にOrange系だったTangiersのOrange Sodaよりは、オレンジソーダを連想させる香りになっている。
お菓子っぽさ、あるいは少し硬質なビニールっぽさのある人工的なOrange系。まずまずオレンジソーダでも納得。

煙について

煙の量はNirvana Eclipseの平均。煙の質はNirvana Eclipseの平均か、それに少し劣る。
上記のように、炭酸の表現とも受け取れるチクチクしたノドへの当たりがある。フレーバーの特徴のような気もするし、AFのOrangeLemonよりはずっとソフト。
タバコ的な重さはNirvana Eclipseの平均。TFDと同じか、それより少し軽いぐらい。SBVより少し重い。
香りの持ちはNirvana Eclipseの平均。炭酸の表現と思われる少し独特なノドへの当たりは中盤でピークアウトするので、時間による香りの変化は少々。
安定感はNirvana Eclipseの平均。割と適当にしていても焦げたりはしないので、扱いやすい。
平均的なNirvana Eclipseの煙と言ったところ。可もなく不可もない。

(総評)72点

そういえばこんな炭酸の表現も過去にあったなという感じで、最近のフレーバーには割と珍しいテイストだった。
個人的にはオレンジの入ったカクテル系という表現の方がシックリくる香りだと思ったが、そういう先入観が無ければ割とオレンジソーダでも納得いく香りだと思う。
試したのがかなり前なので自信が無いが、Layalina Blue LabelのColaにも、これと似た炭酸のようなチクチクしたノドへの当たりがあった気がする。
炭酸を上手く表現したフレーバーというのはほとんど無く、その中ではいくらか上手く表現できている部類だと思う。
ちなみに、ノドへの当たりなど細かな部分に違いがあるフレーバーなので、他とMixすると特徴が消えてしまいそう。
GLのTequila SunriseやTFDのPulp Frictionあたりが好きなら、試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930