シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Mixed Fruit #6(スッキリしたGrapefruit系に、トロピカルフルーツっぽい香りが少々)

time 2019/09/30

Tangiers Noir / Mixed Fruit #6(スッキリしたGrapefruit系に、トロピカルフルーツっぽい香りが少々)

香りについて

おそらくGrapefruit系:Passion Fruit系=7:3ぐらいのMix。
メインは割と王道のGrapefruit系の香りで、AFのGrapefruitを少し薄めてサッパリさせたような感じ。TangiersのGrapefruitに近い。
FumariのTangeloのような、どことなくマッタリしたコクのような厚みのあるビターさは感じられない。アッサリ方面に特化していたTFDのGrapefruitとも異なる香り。
そこに、メジャーなMango系などとは異なる、何か少しマッタリしたトロピカルフルーツっぽい甘い香りが混じる。個人的には、これはPassion Fruit系の香りではないかと思う。
AFのSweet Passion Fruitから酸味を抜いたような香り、SBのPasssion Fruitより香りの輪郭がボンヤリ気味で酸味のある香りだと思うが、ちょっと自信が無い。
Tangiersのベースの香りはGrapefruit系の微かなビターさに上手く隠れており、グレープフルーツの香りの一部のようにも感じられる。悪目立ちはしていない。
個人的には、割とオーソドックスで出来の良いTangiersのGrapefruitを基調にしたMixという点で、TangiersのSummer Solstice Celebrationと似たような方向性だと思った。
スッキリしたGrapefruit系に、トロピカルフルーツっぽい甘い香りが少々。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
いくらかの酸味やビターさはあるが、そこまで強いわけでもないので、煙の質はTangiersの平均と言ったところ。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだと思う。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく。
安定感はTangiersの平均。いくらかの酸味やビターさはあるが強くはないので、割と適当にしていても煙の質がキツくなりすぎたりしない。
平均的なTangiersの煙。

(総評)79点

個々の香りが何であるか拾いづらく、ややレビューが難しかった。
ただ、TangiersのCitrus系は出来の良いものが多く、既にMixされたフレーバーとしては香りの焦点もあるし、割と好みの香りだった。
ちなみに、AFSEの7もGrapefruit系とPassion Fruit系のMixだったが、それよりGrapefruit系の主張が強く、Passion Fruit系っぽい酸味も控えめ。また、ベースの香りも大きく異なる。似て非なる仕上がり。
TangiersのGrapefruitSummer Solstice CelebrationPomeloAFSEの7、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031