シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Leviathan(ハッキリしたラベンダーの香りと、柔らかな甘さの清涼感。美味しい)

time 2019/10/09

Tangiers Noir / Leviathan(ハッキリしたラベンダーの香りと、柔らかな甘さの清涼感。美味しい)

香りについて

ハーブティー用の乾燥ラベンダーのような香りと、そこそこ強めの清涼感。
Lavender系の香りが非常にハッキリしていて分かりやすいのが特徴。TFDのLavender Mintより分かりやすいと思う。
ハーブティー用の乾燥ラベンダーやドライフラワーのラベンダーのような香りで、生花のラベンダーのような香りだったTFDのLavender Mintとは違って、生活していて口に入ってくる香りに近く、ラベンダーと言われて想像しやすい。
そこに、TangiersのCane Mintと似た、ややマッタリした丸みのある甘さの清涼感が混じる。清涼感の強さはCane Mintの2/3ぐらいで、それなりに強め。
微かにCream系のテイストも入っているように感じたが、清涼感の部分の丸みのある甘さに、ラベンダーの香りのフローラル系っぽい部分のコクが混じってそう感じた可能性がある。このあたりはボウルによって出方が少しことなるので、感じ方は人それぞれだと思う。
Cream系のテイストが入っているとすれば、バニラっぽい甘い香りのあるAFのCream系のそれに近いと思う。TangiersのCream系のテイストはローストナッツのような香りの入ったコクのあるものが多く、とりあえずそれとは異なる。
ベースの香りは他のTangiersのフレーバーと比べるとかなり控えめ。ラベンダーの香りの一部という感じで上手く溶け込んでいる。
ハッキリしたラベンダーの香りと、柔らかな甘さの清涼感。美味しい。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均か、それより少し良い。
ウェットな煙の質と清涼感による吸いごたえの強さ、タバコ的な重さとで、非常に満足感がある。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2倍ぐらい。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化は少々。清涼感は序盤の終わりあたりからピークアウトするが、ラベンダーの香りは割と長く続く。
安定感はTangiersの平均より良い。適当にしていても焦げたり崩れたりしにくく、扱いやすい。
ちなみに、陶器のPhuunel系で作る方が清涼感が強く出て丸みのある甘さが控えめになり、AFのCream系っぽいテイストは弱くなる。そのぶん全体のキレ感は少し増す。マッタリめの甘さが欲しいなら、シリコンボウルで作る方が良いだろう。
煙の質が良く、扱いやすさにも優れる。なかなかの煙。

(総評)91点

TFDのLavender Mintが好きなので、これも好みの香りだった。
ラベンダーの香りが非常に分かりやすいのが良い。店でTFDのLavender Mintが人気なことを考えると、これを好きな人は多いと思う。
これは少しマッタリした甘さがあるのに対し、TFDのLavender Mintは甘さが控えめで清涼感が強く全体にスッキリとまとまっていた。どちらもラベンダーの香りがハッキリしていながら微妙に方向性が違って、上手く住み分けできている。
TFDのLavender Mintが好きれあれば、試す価値は非常に大きい。あとは、TangiersのRegal FlowerMarigoldあたりが好きな人にも良いと思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031