シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Othmani / Turkish Coffee(外国のキャンディの中に入っているコーヒークリームや、コーヒーリキュールのような香り)

time 2019/11/01

Nirvana Othmani / Turkish Coffee(外国のキャンディの中に入っているコーヒークリームや、コーヒーリキュールのような香り)

香りについて

ビターさがメインのクラシックなCoffee系と、Cream系やVanilla系が入った最近のCoffee系、その中間ぐらいの香り。
ナハラのCoffeeやAFのCappuccinoのようなクラシックなCoffee系と比べると、ビターさが控えめでマッタリした甘さが少し強い。
ただ、SBVのColombian SpiceTFDのMorning Gloryのような、Cream系やVanilla系が強めに入った甘めのCoffee系と比べると、ビターさの方が前面に立っている。
少々のマッタリした甘さがあるぶん、AFのCappuccinoよりは取っつき易い。ただ、それだったらCream系やVanilla系の香りが入った最近のCoffee系、SBVのTiramisuSBBのBrownieあたりのCoffee系が入ったMixの方が、より取っつき易いと思う。
シーシャのCoffee系はどれも再現度が低いが、これも同様。シーシャのCoffee系の1つの典型と言った感じの作りで、最近試した中だとAzBのBarista’s Choiceに近いと思った。
なお、トルココーヒーはカルダモンを入れて作ることもあり、パッケージにもCoffee系とSpice系のMixと書いてあるが、Spice系の香りは感じられなかった。Coffee系単体だと思う。
外国のキャンディの中に入っているコーヒークリームや、コーヒーリキュールのような香り。

煙について

煙の量と質はNirvana Othmaniの平均。
ナハラやAFのようなクラシックなCoffee系は煙が結構ドライだったりするが、Cream系のテイストが少し入っているからか、そういったことは無かった。
タバコ的な重さはOthmaniの平均。AFと同じか、それより少し重い。平均的なウォッシュドより微かに重い。
香りの持ちはOthmaniの平均より少し長い。時間による香りの変化は少ない。もとがシンプルでハッキリした香りなので、割と長く続く印象。
安定感はOthmaniの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
香りの持ちが長い点で優れる。他はOthmaniの煙の平均。

(総評)65点

個人的にCoffee系があまり好きでないので、点数は不当に低い可能性がある。
この手のCoffee系は長く吸っていると何となく焦げっぽいビターさがクドく感じられてくるのが、個人的に苦手な理由だと思う。
店での消費傾向を見ていると、SB SerpentのGee SpotSBBのBrownieSBVのTiramisu、このあたりの少しだけCoffee系がMixされたマッタリした甘さが強いフレーバーは割と人気がある。
一方で、これやAzBのBarista’s Choiceのような、AFのCappuccinoっぽいクラシックなCoffee系の要素が強めのCoffee系単体は、そこまで人気が無い印象。
SBVのColombian SpiceTFDのMorning Gloryのような最近のCoffee系よりも、少し甘さが控えめで焦げっぽいビターさが強いCoffee系単体を探している人向け。
AzBのBarista’s Choiceが好きならば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930