シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Dark / PepperMint Shake(ミントシロップと小さなチョコチップの入ったバニラアイスのシェイクのような香り)

time 2019/11/28

Trifecta Dark / PepperMint Shake(ミントシロップと小さなチョコチップの入ったバニラアイスのシェイクのような香り)

香りについて

ややアッサリめのCream系のテイストとシャープな清涼感に、Chocolate系の香りが少々。
メインはVanilla系っぽい香りのあるCream系のテイストで、AFのCream系と似ているが、それらよりもモワッとした感じや甘さが少し控えめ。ややTFDのIndian Kheerのミルクっぽい香りに近い。
清涼感は割とシャープで強め。TFDのDeath by Iceほど強くはないが、やはり冷たくキリッとしている。AFのMintのようなマットさやグリーンな香りは無い。
そこに、おそらくはAFのChocolateと似た、割とクラシックなココアシガレットっぽいChocolate系が微かに混じる。TFDのTKOとは別系統のChocolate系の香り。
ただ、上記の香りに対する少々のアクセント程度かつ、Cream系の香りの中のVanilla系っぽい部分に押され気味なので、強い主張や露骨な粉乳っぽさや粉っぽさは無い。
AFのCream with Mintからグリーンな香りを抜いて、清涼感をシャープで冷たくして、Chocolate系と甘めのVanilla系を1つまみずつ足したような香りだろうか。
全体として見ると、ミントシロップと小さなチョコチップの入ったバニラアイスのシェイクにホイップクリームを乗せた飲み物をイメージさせる香り。夏のスタバのメニューにありそう。
Cream系の香りの出来が良く、個々の香りの濃さのバランスも非常に良い。確かに商品名で納得のいく香りになっている。

煙について

煙の量はTFDの平均。煙の質はTFDの平均か、それよりわずかに良い。
ややアッサリめのCream系で、AFのCream系と比べるとモワッとした感じは控えめだが、やはり他のTFDのフレーバーよりもウェットさは強い。
タバコ的な重さはTFDの平均で、やや重め。SBVより少し重く、おおよそAFの1.4倍ぐらいの重さ。AzBよりわずかに軽いぐらい。
香りの持ちはTFDの平均。時間とともに清涼感が薄れていくものの、Mint系が入ったフレーバーとして仕方のない範囲。気になるような時間による香りの変化は無い。
定感はTFDの平均。シリコンボウルとKaloud Lotusであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
シリコンボウルよりも陶器のPhunnel系で作る方が、グリセリンのモワッとした感じが控えめになり、Cream系のテイストがよりクリアかつ軽やかに出る。個人的には陶器のPhunnel系で作る方が特徴がハッキリして良いと思った。
やや煙の質がウェットで、他は平均的なTFDの煙と言ったところ。目立った欠点は無い。

(総評)85点

Cream系の香りがどことなくTFDのIndian Kheerを思わせる出来で、非常に良かった。
また、メインはCream系の香りと清涼感で、Chocolate系は全体の甘さに微かなアクセントを加える程度と、個々の香りのバランスも絶妙だった。
確かに夏のスタバのメニューにありそうなフラッペやシェイクや、Peppermint Shakeで画像検索して出てくるものを想像させる香りになっている。良く出来ていると思った。
ちなみに、シリコンボウルよりも陶器のPhunnel系で作る方が、Cream系の香りの出来の良さがハッキリと出ると感じたので、個人的にはそちらをオススメする。
TFDのIndian KheerAFのCream with Mintあたりが好きならば試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031