シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nirvana Eclipse / Dorado(Raspberry系とCream系=5:1ぐらいのMix、あるいはRaspberry系単体)

time 2019/12/06

Nirvana Eclipse / Dorado(Raspberry系とCream系=5:1ぐらいのMix、あるいはRaspberry系単体)

香りについて

Raspberry系とCream系=5:1ぐらいのMix、あるいはRaspberry系単体。
メインは割と濃い口のRaspberry系で、微かな渋みと酸味を伴う強めのボディの甘さ。ラズベリーの実物と言うよりは、ケーキなどに使われるピューレや味が濃いめのキャンディに近い感じの香り。
微かな渋みと酸味にやや強めの甘さという点でAFのBerryAFSEのBerry Blendと似ており、割と良くあるタイプの濃い口なRaspberry系。サッパリ方面に特化していたTFDのRaspberrySBのRaspberryとは異なる系統。
Cream系のテイストは、おそらくAFのCream系からVanilla系っぽい香りと甘さを抜いたような香りだと思うが、Raspberry系の香りに押され気味で分かりにくい。煙を吐くとき、背後に少しCream系に特有のモワッしたテイストが感じられる程度。
メインが割と良くあるタイプのRaspberry系の香りで、なおかつCream系のテイストも背後に少しいる程度で分かりにくい。人によってはオーソドックスなRaspberry系単体と感じる可能性もあると思う。
よくあるRaspberry系という感じで、マズくは無いが個々の香りに目新しさが無く、Mixのバランスも少しパッとしない。

煙について

煙の量はNirvana Eclipseの平均。煙の質はEclipseの平均か、それにわずかに劣る。
微かだが渋みと酸味のある強めのボディの甘さなので、それによるノドへの当たりを少し感じる。
タバコ的な重さはNirvana Eclipseの平均。TFDと同じか、それより少し軽いぐらい。SBVより少し重い。
香りの持ちはNirvana Eclipseの平均。時間が経つとRaspberry系の甘さが薄れて、Cream系のテイストが相対的に少し分かりやすくなるので、時間による香りの変化は少々。
安定感はNirvana Eclipseの平均。火加減に相応してRaspberry系の甘さが強く出たりはするが、割と適当にしていても焦げたりはしない。
なお、シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りの出かた自体に大きな違いは無かった。
強めの甘さによるノドへの当たりが気になるが、良くある他のRaspberry系と同程度。あとはNirvana Eclipseの平均。

(総評)73点

AFにCream with Berryみたいな商品名のフレーバーがあったら、こういう香りがしそうだと思った。
ただ、マズくは無いが個々の香りに目新しさが無く、Mixのバランスも特徴であるはずのCream系がハッキリせずイマイチ。正直、今さらこれを出されても目新しさが無く印象が弱い。良く言えば基本に忠実。
微かな渋みと酸味があって強めの甘さで濃い口というRaspberry系は1つの典型で、AFのBerryをはじめ割と良く見かけるタイプだが、今のところダークリーフの中ではLavoo HeritageのTangy Berryぐらいしか無い。一応、そういう意味では価値があるかもしれない。
AFのBerryAFのFreshAFSEのBerry BlendLavoo HeritageのTangy Berry、このあたりが好きならば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031