シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

2019年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ(あけおめ)

time 2020/01/01

2019年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ(あけおめ)

あけましておめでとうございます。
年も明けたので、2019年にレビューしたフレーバーの中で、個人的に印象に残ったものを幾つか挙げてみようと思う。
ちなみに、下記はレビューした日付で並べた。個人的にはどれも甲乙つけがたい出来。

2019年、印象に残ったフレーバー

Afzal / Pan Raas
鼻を抜ける爽やかな香りのあるキレのよいPan Razna系と、シャープな強い清涼感との相性が非常に良く、全体にかなりスッキリとまとまっている。
Afzalの公式HPに我々の看板商品です的なことが書いてあった。個人的にPan Razna系はそこまで好きではないが、それでも楽しめたので、看板商品なのも納得。

Al Fakher Fusion / 3ALA Moodak
ローリエを濃くしたような、あるいはクレソンから苦味を抜いて薄めたような、爽やかでクセの無い何となく草っぽい香り。そこに強めのキリッとした清涼感。
他社には珍しい香草系の香りと、強めの清涼感が好相性だった。TFDのNatural OrderやAfzalのPan Raasが好きな人の琴線に触れると思う。

Nirvana Eclipse / Lynx
かなり再現度の高い、良く出来たPeach系単体。蒸らしているときに桃の入った箱を開けたときのような香りがし、実際に吸ってもその香りがする。
他社のPeach系よりも再現度の点で頭半分ぬけていて良かった。Peach系が好きならば試す価値は非常に大きい。

Nirvana Eclipse / Tatania
Pear系:Peach系=3:1ぐらいのMixに、AFのMintを薄めたようなグリーンな香りが微かに混じる。
再現度はTFDのPearfectに劣るが煙の質の点で優れており、またAzBのGrow a Pearよりは洋ナシを想像させる香りで、良く出来ていた。グリーンな香りが微かなアクセントになっているのも面白かった。

Nu Hookah / Fresh Guava
強めの酸味が特徴的な、他社には無いアプローチのGuava系。
酸味の主張の強さが青臭さのそれと同じぐらいで非常にハッキリしているが、Guava系だと分かる範囲からは逸脱しない強めのアクセントという感じで、非常に面白かった。

Trifecta Dark / Concord Grape
濃いめのBlack Grape系で、巨峰やデラウェアなどの皮の近くの香りを何倍にも濃くしたような香り。
単体で吸うと香りが濃すぎて少し分かりにくくなる感はあるが、邪魔にならない何かとMixして薄めた場合の再現度はかなり高く、個人的には非常に好みの香りだった。

Al Fakher / Sweet Passion Fruit
甘さも酸味も強めのよく熟したパッションフルーツといった香りで、再現度が高い。
香りの輪郭はハッキリしているが、それでいてピューレと言うよりも実物のパッションフルーツを想像させる香りになっているのが良かった。
AFSEの7やAl FakhamahのPassion Fruitが好きならば、試す価値は非常に大きい。ただ、やや入手性が悪い。

Tangiers Noir / Leviathan
ハッキリしたラベンダーの香りと、柔らかな甘さの清涼感。
ハーブティー用の乾燥ラベンダーやドライフラワーになったラベンダーのような香りがメインで、TFDのLavender Mintよりも生活していて口に入ってくる香りに近く、ラベンダーと言われて想像しやすい香りなのが良かった。

Trifecta Dark / PepperMint Shake
夏のスタバのメニューにありそうな、ミントシロップと小さなチョコチップの入ったバニラアイスのシェイクのような香り。
Cream系の香りの出来が良く、個々の香りの濃さのバランスも非常に良い。確かに商品名で納得のいく香りになっている。
TFDのIndian KheerAFのCream with Mintあたりが好きならば、試す価値は非常に大きい。

雑記

数えてみたら、去年は全部で85種類のフレーバーのレビューをしていた。
2018年を振り返って、良かったと思うフレーバーまとめ」の記事によると、2018年は132種類のフレーバーをレビューしていたようなので、2019年はペースが鈍った。去年は仕事が立て込んでいたので、その影響が如実に出ている。
2019年は、TFDやTangiersやAzBなどの既存のシリーズに新しいフレーバーがちょいちょい追加されたものの、新しいメーカーやシリーズはあまり現れなかった。強いて言えばNirvana Eclipseがちょっと面白いぐらいだった。
それにしても月日が経つのが早い。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031