シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Nu Hookah / Strawberry(クラシックなStrawberry系が、エグさなどを抑えて万人受けしそうな方に練り直されている)

time 2020/02/07

Nu Hookah / Strawberry(クラシックなStrawberry系が、エグさなどを抑えて万人受けしそうな方に練り直されている)

香りについて

ごく微かにイチゴのヘタの部分のような青臭さのある、クラシックなStrawberry系。
日本で売ってるイチゴと言うよりは、外国のスーパーで量り売りされている山積みのイチゴのような香り。
シーシャのStrawberry系の1つの典型だが、それよりヘタの部分のようなクセのある青臭さがずっと控えめで、イチゴを想像させる甘い香りの部分が濃いめになっている。
イチゴを連想させる甘い香りは強いが、煙を吐き終えるときの微かな青臭さのおかげか、甘さがノドに残るようなことが無く意外とキレが良い。
AB StraightのStrawberryNirvana OthmaniのNabatieh Strawberry、このあたりと近い香りだと思う。
Cream系っぽいテイストがありイチゴミルク飴のような香りだったAFのStrawberryAF GoldenのStrawberryとは異なる系統。また、SBVのSpice Me RedAFのRaspberry Rushに入っていた、丸みの強い可愛らしい甘さのStrawberry系とも異なる。
過去に良く見られたシーシャのStrawberry系らしい香りが、エグさを抑えてより万人受けしそうな方に練り直されている。

煙について

煙の量と質はNu Hookahの平均。
最近のアメリカの会社としては少しソリッドな、Nu Hookahらしい煙の質。甘さの強い香りだが、甘さがノドに残るようなことが無く意外とキレが良い。
タバコ的な重さはNu Hookahの平均。おおよそAFと同じか、それより少し重い程度。負担になるような重さは無い。
香りの持ちはNu Hookahの平均で、やや長め。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はNu Hookahの平均。最初に良くほぐしてフンワリさせてから詰めなおし、シッカリめに蒸らす必要はあるが、それだけ。
シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りの出方に大きな違いは無い。一応、ボウルによる煙の質の違いのせいか、陶器のPhunnel系の方がより後味がスッキリと出る。
AFの煙が好きならば気に入るであろう、Nu Hookahらしい煙。

(総評)79点

Strawberry単体の中では、地味に良く出来ている。
ナハラやGLのStrawberryから青臭さを抜いて、イチゴを連想させる甘い香りをグッと濃くしたような作りで、非常に出来の良いクラシックなStrawberry系といったところ。
シーシャのStrawberry系の過去の1つの典型が、エグさを抑えて濃いめで分かりやすく万人受けしそうな方に練り直されており、それでいてケミカルさなどが目立たない。Nu Hookahらしい手堅い作り。
Cream系っぽいテイストがあり、イチゴミルク飴やイチゴミルクシェイクみたいな香りのStrawberry系であれば、AFのStrawberryAF GoldenのStrawberryAzBのLady Libertyを試すと良いだろう。
AB StraightのStrawberryNirvana OthmaniのNabatieh Strawberryあたりが好きれあれば、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031