シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Aloha Mango(ごく微かだがCream系っぽいテイストがあるのが特徴、やや珍しい仕上がりのMango系)

time 2020/03/19

Fumari / Aloha Mango(ごく微かだがCream系っぽいテイストがあるのが特徴、やや珍しい仕上がりのMango系)

香りについて

ごく微かだがCream系っぽいテイストがあるのが特徴の、やや珍しいタイプのMango系。
Mango系に特有のワックスっぽさは少々あるものの、トロピカルフルーツらしいマッタリした甘い香りが濃いめで、かつ下記のようなCream系っぽいテイストもあるため、そこまでのツンとした主張はない。
このあたりのMango系の香りは、フィリピンマンゴーよりは国産マンゴーに少し寄った香りで、AFのMangoよりはAzGのRoyal Mangoあたりを思い出させる香り。
FantasiaのWild Mangoはワックスっぽいツンとした感じが全く無く、微かに酸味っぽいテイストがあり、Mango系としては割とサッパリめの仕上がりだったので、これとは異なる。
そこに、なんとなくCream系っぽいテイストが微かに混じる。ただ、明らかなVanilla系っぽい香りがあるわけでは無く、ニュアンス程度。強いて言うと、TFDのIndian KheerからCardamon系の香りを抜いて少し薄めたようなミルクっぽいテイストだろうか。このへんは少し自信が無い。
そのため、AzBのMango CheesecakeFS CastroのMango Lassiほど明らかなCream系が入っているわけでは無いものの、どちらかと言うとマンゴラッシーやマンゴー味のハイチュウを思わせる香りになっている。
ワックスっぽいツンとしたテイストはあるが、微かなCream系っぽさなどにより丸め込まれており、全体にカドが無くマッタリめの仕上がり。好きな人は多そう。

煙について

煙の量はFumariの平均。煙の質はFumariの平均か、それより微かにウェット。
Fumariらしいウェットなモワッとした煙で、微かなCream系っぽいテイストの入ったマッタリめの香りとの相性が非常に良い。
タバコ的な重さはFumariの平均で軽い。おおよそAFの2/3ぐらいの重さ。
香りの持ちはFumariの平均。時間とともに、Cream系あるいはミルクっぽいテイストが微かに前に出てくるので、時間による香りの変化は少々。
安定感はFumariの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
ちなみに、最初の数分のみ陶器のPhunnel系だとツンとしたワックスっぽいテイストが強く出る。何度か吸っていればすぐに落ち着くので、大きな問題ではないと思う。
平均的なFumariの煙。煙の質と香りとの相性が良い。

(総評)82点

良く出来ていると思った。好きな人は多いと思う。煙の質と香りの相性も良かった。
微かだがCream系っぽいテイストがある点で、純粋なMango系単体かと言われると微妙に迷う部分はあるが、特徴であるCream系のテイストも全体に上手く馴染んでいる。
Mango系に特有のツンとしたワックスっぽさは少々あるものの、Cream系のテイストによって丸め込まれているので、他社の多くのMango系とは少し異なるマッタリした甘さがある。
微かに酸味っぽいテイストがあり、Mango系としては割とサッパリめの仕上がりのものであれば、FSのWild Mangoを試すと良いだろう。
AzBのMango CheesecakeAzGのRoyal MangoFS CastroのMango Lassi、このあたりが好きであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031