シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Lemon Mint(なんとなくサントリーのはちみつレモンのジュースのホットを思わせる香り)

time 2020/06/17

Trifecta Blonde / Lemon Mint(なんとなくサントリーのはちみつレモンのジュースのホットを思わせる香り)

香りについて

それなりに酸味とビターさはあるが甘さも強めなLemon系に、微かな清涼感。
ビターさやLemon系らしい香りの部分はAFのLemonに近いが、それより酸味が控えめで丸みのある甘さが強い。AzBのLemon Muffinのレモンの香りの部分と少し似ている気がする。
清涼感は控えめで、煙を吐き終えるときに微かにノドがスッとする程度。おおよそAFのMintの1/4~1/3ぐらいの強さだろうか。TFBのTwice the Iceのようなシャープで冷たい清涼感は無い。
Honey系の香りが入っているわけでは無いが、TFBらしいモワッとした煙の質と丸みのある甘さのせいか、シリコンボウルで作った場合に特に、なんとなくサントリーのはちみつレモンのジュースのホットを思わせる香りだと感じた。
丸みのある甘さが強めだが、そこそこ酸味やビターさもシッカリしたLemon系がメインで、ケミカルさなどは無いがアメリカの会社らしい作り。
Lemon系としてはやや爽やかさに欠ける気もするが、酸味によるノドへの当たりが控えめで甘さもあるため、クラシックなLemon系より吸いやすい。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
TFBらしいモワッとした煙のおかげで、Citrus系に特有の酸味によるノドへの当たりが少し抑えられているので、クラシックなLemon系としてはソフトな部類。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。清涼感が先にピークアウトするが、もともと清涼感は控えめな方なので仕方ないと思う。甘さは長く続く。
安定感はTFBの平均か、それに少し劣る。火の調節自体は難しくないが、あまり火加減が強いと酸味が強く出すぎて煙の質がトゲトゲしくなる。
シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りの出方に大きな違いは無かった。
平均的なTFBの煙。クラシックなLemon系としてはソフトな煙の質。

(総評)78点

丸みのある甘さが強いが、確かにLemon系らしい香りはハッキリ感じられる。割と楽しめた。
AFのLemonなどと吸い比べたが、クラシックなLemon系に見られる酸味やビターさがありつつ、それらを丸みのある甘さや煙の質でマイルドに丸めてあるのが面白かった。
TFBのMoro ZestもOrange系としては甘めで香りの輪郭がハッキリした作りだったが、これも同様でLemon系としては甘め。その点で、Moro Zestもこれもアメリカの会社らしい作りだと思った。
個人的には、Lemon系としては甘めでやや爽やかさに欠ける気がするものの、そのぶんCitrus系に特有のノドへの当たりが抑えられており、AFのLemonなどと比べるとかなり吸いやすくなっている。
Nu HookahのLemonNu HookahのSunny MoonAzBのLemon Muffin、このあたりが好きならば試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031