シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Moro Zest(バヤリースのオレンジジュースを何倍にも濃くしたような香り)

time 2020/06/18

Trifecta Blonde / Moro Zest(バヤリースのオレンジジュースを何倍にも濃くしたような香り)

香りについて

やや甘めでハッキリとした着香の、アメリカの会社っぽいOrange系。
強いて言うなら、バヤリースのオレンジジュースを何倍にも濃くしたような香りだろうか。
AFのOrangeなどのクラシックなOrange系と比べ、ややマッタリした甘さが強く、酸味は控えめ。どちらかと言えばOrange系としては穏やかな部類か。
良く言えば、香りの輪郭がハッキリしていて分かりやすく、酸味が控えめなのとややモワッとしたTFBらしい煙の質とが相まって吸いやすい。悪く言えば、やや人工的な香りでわざとらしさがある。
アメリカの会社らしいハッキリした着香かつ吸いやすく、万人受けしそうな作りだと思った。Orange系の入り口に良さそう。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
Orange系としては酸味が控えめな香りである点と、TFBらしい少しモワッとした煙の質である点との間で、整合性がとれていると感じた。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。時間による香りの変化は少ない。ハッキリした割と濃いめの着香なので長持ちするかと思ったが、そうでもなかった。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はTFBの平均か、それに少し劣る。火加減が強いと煙の質がトゲトゲしくなる。気持ち弱めの火加減で維持するだけなので、火の調節自体は難しくない。
なお、シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りの出方に大きな違いは無かった。
気持ち弱めの火加減で維持する必要があるが、他はTFBの平均。煙の質と香りの相性は良いと思った。

(総評)75点

個人的にはOrange系の中ではAF GoldenのOrangeが一番好きだが、これはこれでアリだと思う。
Orange系としては酸味が控えめで、煙の質もTFBらしくモワッとしており吸いやすい。また、香りの輪郭がハッキリしていて分かりやすい。
色々と掘り下げていった場合に最終的にどのOrange系を選ぶかは人それぞれだと思うが、吸いやすく分かりやすいこれは、Orange系の入り口に良いと思う。
個人的には、Orange系としてはマッタリした甘さが強くて少し爽やかさに欠けると思ったりはしたが、このへんは好みの問題。
TFBのLemon MintもLemon系としては甘さが強めで酸味が控えめだったので、TFBのCitrus系はこういう吸いやすさを意識した作りのものが多いのかな、と思ったりもした。
AzGのWinter OrangeFumariのOrangeあたりの、酸味が控えめでノドへの当たりが少ないOrange系が好きならば、試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031