シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Mountain Fog(人工的なライムの香料が入った炭酸飲料のそれを濃くしたような香り)

time 2020/07/11

Trifecta Blonde / Mountain Fog(人工的なライムの香料が入った炭酸飲料のそれを濃くしたような香り)

香りについて

甘めでケミカルなLime系の香り。
イメージ的には、マウンテンデューやKickapooあたりの、ライムの香料が入った炭酸飲料のそれを濃くしたような香り。
もしくは、実物のライムの皮の部分の香りを何倍にも濃くして、ビターさを抜いて甘さを足した、ライムリキュールような香りだろうか。
TFDのDeja DewSBのPirate’s Caveあたりと同系統の香りだが、それよりツンとした感じが少し控えめで、より甘めの仕上がり。Deja Dewに見られたビターさは無い。
SBVのFresh LimeTFDのLimeよりケミカルなツンとした感じが強いが、ライムの香料が入った炭酸飲料やシロップの香りと思えば、こういうものかなという感じでフレーバーの特徴のように感じられる。
ケミカルさは強いものの、これと同系統のSBのPirate’s CaveがSBのトップセラーの1つなので、何だかんだ気に入る人は多いと思う。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
Citrus系っぽい香りが入ってはいるが、クラシックなLemon系やOrange系のようなノドへのハードな当たりや酸味は無い。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均か、それより少し長い。時間による香りの変化も少ない。一定して割と長く続く印象。
安定感はTFBの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
ボウルによる香りの出方に大きな違いは無い。一応、陶器のPhunnel系で作る方が甘さが少しサッパリするが、陶器のPhunnel系とシリコンとの違いという感じ。
やや香りの持ちが長い。他はTFBの平均と言ったところ。

(総評)77点

輪郭がハッキリした香りで甘めだったので、分かりやすくて良いと思った。アメリカの会社らしい思い切りの良い香り。
個人的にはTFDのDeja Dewの方がキリッとしていて好きだが、こちらの方が穏やかでクセが無く、より万人受けする仕上がりだと思った。
ちなみに、TFDのDeja Dewもこれと同じケミカルなLime系っぽい香りが使われているが、Deja Dewの方がずっと甘さが控えめでビターさがあるため、より全体にキリッとした香りだった。
これと同系統のSBのPirate’s CaveがSBのトップセラーの1つであり、TFDのDeja Dewも店で割と人気があったので、何だかんだ気に入る人は多いと思う。
SBのPirate’s CaveTFDのDeja Dewが好きならば、試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031