シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Persian Melon(Melon系としてはアッサリした甘さで、微かな渋みがあるのが特徴)

time 2020/07/13

Trifecta Blonde / Persian Melon(Melon系としてはアッサリした甘さで、微かな渋みがあるのが特徴)

香りについて

Melon系としてはアッサリした甘さで、微かな渋みがあるのが特徴。
言われてみれば普通にMelon系だと分かる香りだが、普段の生活で口に入るメロンの香りかと言われると微妙。何となくだが、品種改良が進んでない頃のあまり甘くないメロンの香りなのかな、みたいな印象。
割とアッサリした甘さで、SBVのHoney Dew Meのようなマッタリした甘さが強い最近のMelon系とは異なる。AzBのUnicornのような、駄菓子っぽいケミカルさも無い。
そこに、ウォッシュドのフレーバーではあるが、なんとなくダークリーフを彷彿とさせる微かにearthyな渋みが混じる。ナハラのMelonのようなすえたタバコっぽい感じではないので、そこまでのクセは無い。
微かな渋みがある点で、SB SerpentのRogueLavooのMelonaと近い作り。ナハラのMelonのような2世代ぐらい前のクラシックなMelon系をリバイバルした香りで、数は少ないが他社からCantaloupeみたいな商品名を付けられていることが多い系統。
Melon系としてはアッサリした甘さで、それを微かな渋みが少し引き締めている。最近のMelon系には珍しい、渋好みする仕上がり。

煙について

煙の量はTFBの平均。煙の質はTFBの平均に少し劣る。
Melon系の甘さはノドに残ってイガイガしやすく、これも同様。ただ、火の調節でどうにでもなるレベル。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。シンプルな香りなので時間による香りの変化も少ない。順当に一定して薄れていく。
安定感はTFBの平均に少し劣る。Melon系は高温に弱いものが多いが、これも同様。もっとも、気持ち弱めの火加減で維持するだけなので、難しいと言う程でもない。
なお、シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りの出方に大きな違いは無かった。
気持ち弱めの火加減で維持する必要はあるが、他はTFBの平均と言ったところ。

(総評)68点

微かな渋みがあって甘さも控えめで、Melon系としては引き締まった香り。個人的には好きでも嫌いでもない香りだった。
ただ、多くの人はMelon系と言われるとマッタリした甘い香りを想像すると思うので、万人受けするかと言われると、少し微妙だと思う。
まぁ、ナハラのMelonのような2世代ぐらい前のクラシックなMelon系など、昔を懐かしんで吸うには面白いかもしれない。
馴染みが良く分かりやすいMelon系を求めているのであれば、やはりSBVのHoney Dew MeAFSEのMagic MayhemSBのSafari Melon Dewあたりから試すことをオススメする。
AzBのMelon KingTangiersのMelon Blendも、個人的には香りの輪郭は非常にハッキリしているもののケミカルさが強くて苦手だと感じたが、店では割と人気があった。
それらとは違ったアッサリめだが渋好みのするMelon系、SB SerpentのRogueLavooのMelonaが好きならば、これを試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031