シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Cucumber Mojito(微かな清涼感が非常に良い仕事をしており、キレのあるスッキリした甘い香り)

time 2020/07/17

Trifecta Blonde / Cucumber Mojito(微かな清涼感が非常に良い仕事をしており、キレのあるスッキリした甘い香り)

香りについて

Lime系をメインに、キュウリを模したと思われるウリっぽい青臭さと、少々の清涼感。
Lime系の香りは他社に割と良く見かけるタイプだが、Mixになって少し薄まっているので、リキュールっぽいケミカルさはそこまで目立たない。
そこに、やや強めのウリ臭さのあるサッパリした甘い香りが混じる。Nu HookahのWatermelon MintあたりのWatermelon系のウリ臭さに少し通ずる部分があるので、スイカの皮の部分を濃くしたような香りと書いても通じる気がする。
おおよそ、Lime系:キュウリっぽいウリ臭さ=3:2ぐらいの比率だろうか。Lime系の方が前面に立っているが、ウリ臭さの存在感もちゃんとある。
清涼感は控えめで、煙を吐き終えるときに少しノドがスッとする程度。強さはAFのMintの1/3ぐらい。AFのMintのようなグリーンな香りなどは無い。
やや甘めだがサッパリしたLime系の香りに、強めのウリ臭さと清涼感によるキレ感が加わり、非常にスッキリと仕上がっている。意外とクセも無い。
Lime系の香りの方が前面に立っているのは少し意外だったが、確かに商品名も納得のキレのあるスッキリした甘い香り。

煙について

煙の量はTFBの平均。煙の質はTFBの平均か、それより少し良い。
TFBらしいややモワッとした煙の質と微かな清涼感の相性が良く、ボリュームとスムーズさが感じられる。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はTFBの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。割と適当で大丈夫だった。
陶器のPhunnel系で作る方が個々の香りがハッキリと出て、煙の質も含めてより全体にスッキリとする。個人的には、陶器のPhunnel系で作る方が好きだった。
煙の質が良く、扱いやすさにも優れる。なかなかの煙。

(総評)79点

キュウリの香りの入ったフレーバーの中では、これが一番好きだった。
もっとも、キュウリの香りの入ったフレーバーはそこまで多くなく、パッと思い浮かぶのはAzBのCool CucumberTangiersのSummer ResortやHAZEのCucumberitaぐらいである。
TangiersのSummer ResortやHAZEのCucumberitaは、これと同様にLime系が入っていたが、それに加えて清涼感も入っているのはこれだけだった。AzBのCool Cucumberは清涼感があったが、Lime系の香りが入っていなかった。
個人的には、この微かな清涼感が非常に良い仕事をしていると思った。これにより、他社のものより全体に非常にスッキリとした仕上がりになっている。
ガッツリしたウリ臭さであればAzBのCool Cucumberを、Lime系が入っていてそれより少し甘めのものであればTangiersのSummer Resortを選ぶと良いだろう。
他社のキュウリの香りが入ったフレーバーより、全体によりスッキリした仕上がりのものを探しているのであれば、これを試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31