シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Bona Fide(Banana系をメインに、微かなClove系とCinnamon系のアクセント)

time 2020/08/04

Trifecta Blonde / Bona Fide(Banana系をメインに、微かなClove系とCinnamon系のアクセント)

香りについて

Banana系:Clove系と思われるスパイスの香り=4:1ぐらいのMixだろうか。
メインは紙パックのバナナオレかバナナチップスのようなBanana系の香りで、やや人工的だが香りの輪郭は非常にハッキリしている。
AFSEのBanana MontanaAB StraightのBananaにも見られた、バナナの実と皮の間の白いスジのような渋味が少しあると思う。ただ、下記のSpice系の香りの香りに覆われており、さほど目立たない。
そこに、おそらくはClove系とCinnamon系のMixと思われるスパイスっぽい香りが微かに混じり、煙を吐き終えるときに微かにツンとしたアクセントとして感じられる。
個人的には、このSpice系の香りのおかげで、Banana系によく見られる後味の微妙な渋みやエグさがマスクされており、なかなか良いMixだと思った。
焼き菓子っぽい香りが入っているわけではないが、スパイス入りのバナナタルトと言われたら、割とそれでも納得いく感じの香り。
やや変わったMixのチョイスではあるが、Spice系の香りがクセなどをカバーしつつ、微かだが良いアクセントになっている。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
TFBらしいややモワッとした煙の質と、丸みのある甘さのBanana系との相性が良い。煙の質と香りがしっくりくる。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はTFBの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。割と適当で大丈夫だった。
シリコンボウルで作ると煙の質がモワッとなり、全体にBanana系っぽい甘さが強く出る。陶器のPhunnel系で作ると、少し甘さが控えめになり、煙を吐き終えるときのSpice系の香りがハッキリと出る。
平均的なTFBの煙と言ったところ。煙の質と香りの相性は良い。

(総評)77点

個人的にBanana系に思い入れは無いが、他社には珍しいMixでちゃんと形にもなっているので、割と楽しめた。
Clove系とCinnamon系のMixと思われるスパイスの香りによって、Banana系によく見られる後味の微妙な渋みやエグさがマスクされているのが良かった。
Banana系とClove系のMixだとLavooのIce Breakerがあるが、これよりClove系の香りがずっと強くシャープな清涼感もあったため、ほぼ別物と言った仕上がり。
LavooのIce Breakerの方がMixとしての特徴や面白さはハッキリしていると思うが、そのぶんIce Breakerの方がクセは強い。こちらの方が穏やかで甘め。
全体として見ると、スパイス入りのバナナタルトと書いても割と通じそうな香りなので、香り自体は全く異なるが、TFDのApple PieFumariのLemon LoafAzBのMango Cheesecake、このあたりが好きな人の琴線に触れそうな気がする。なんとなく。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930