シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Bohemian Mix(Cardamon系の香りをメインにした、ほんのりと甘いSpice系のMix)

time 2020/08/10

Trifecta Blonde / Bohemian Mix(Cardamon系の香りをメインにした、ほんのりと甘いSpice系のMix)

香りについて

Cardamon系をメインにしたスパイスの香りのMixに、少々の紅茶系っぽい香り。やや甘め。
メインはCardamon系で、針葉樹の樹脂を薄めたような香り。濃いめでハッキリしているので、AFのCardamonを吸ったことがあれば、容易にそれと分かると思う。
そこに、おそらくだがClove系と思われる香りが少し混じり、Cardamon系とは違った少しクッとしたテイストが感じられる。AFのCardamonにTangiersのCloveを一つまみだけ入れたような感じだろうか。
また、これらの背後に、フンワリした広がりのある紅茶系っぽい香りが感じられる。SBVのMorning Breezeと似ており、Earl Grey系のようなベルガモットの香りは無い。
これのおかげで全体にEarthyなテイストが出ており、ウォッシュドのフレーバーではあるが、どことなくダークリーフのフレーバーっぽい仕上がりになっているのが面白い。
強いて言うなら、カルダモンやクローブなどの少し独特でクセのあるスパイスの入った外国のティーバッグの紅茶に少々の砂糖を入れたような香り、あるいはそれで作ったチャイのような香りだろうか。
ハッキリしたCardamon系の香りをメインにした、ほんのりと甘いSpice系のMix。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
TFBらしいややモワッとした煙の質で、個人的にはCardamon系としては少しキレが悪い気もするが、そのぶんスムーズではある。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに順当に薄れていく。
安定感はTFBの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。割と適当で大丈夫だった。
シリコンボウルで作ると煙の質がモワッとなり、グリセリンっぽい甘さが目立つ。個人的には陶器のPhunnel系の方が少しスッキリと出るので好みだった。
平均的なTFBの煙と言ったところ。

(総評)79点

Cardamon系の香りが濃いめでハッキリしているフレーバーは珍しいので、結構楽しめた。
また、背後にあるSBVのMorning Breezeに似た紅茶系っぽい香りのおかげで、どことなくダークリーフのフレーバーっぽい仕上がりになっているのも面白かった。
AFのCardamonと比べると全体に甘めで、個人的にはこれによりキレが少し損なわれている気もしたが、これはこれで普通にアリだと思う。
Cream系のテイストがあるわけではないが、TFBがややモワッとした煙の質でベースの香りが甘めなことを考えると、DebajiのCardamon MilkやTFDのIndian Kheerが好きでCardamon系の香りがより強いものを探している人なんかに良いかもしれない。
また、ややクセがあるが妙にキレのよいSpice系という点では、Cardamon系が好きな人はもちろん、TangiersのKashmirAzBのChai Masalaあたりが好きな人の琴線にも触れそうな気がする。
AFのCardamonLavooのAdam & EveTFDのIndian Kheerあたりが好きならば、これを試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930