シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MALAKI / Gum(歯磨き粉っぽさは健在だが、全体にスッキリとクリアなGum系)

time 2021/02/08

MALAKI / Gum(歯磨き粉っぽさは健在だが、全体にスッキリとクリアなGum系)

香りについて

歯磨き粉っぽさは健在だが、全体にスッキリとクリアなGum系。
メインはAFのGumに見られた歯磨き粉っぽい香りで、そこに割とハッキリした清涼感が混じる。
歯磨き粉っぽい香りはAFのGumと似ており、濃さも同じかそれより少し弱いぐらいだが、AFのGumに見られた何となく厚みのようなものを感じる人工的な甘さがグッと控えめ。
また、AFのGumよりも清涼感が強い。清涼感の強さは、AFのMintMALAKIのMintの1/3~1/2ぐらいだろうか。
上記の2点のおかげで、Gum系の特徴である歯磨き粉っぽい香りがハッキリしているのに、AFのGumよりも全体にクリアでライトな仕上がり。
AFのGumもボディがあって悪くないが、こちらの方がガムらしくスッキリしており、長く吸っていてクドく感じず飽きにくいと思った。
AFを下敷きにしつつ細部を高いレベルで練り直した、非常にMALAKIらしい作り。

煙について

煙の量と質はMALAKIの平均。
中東の会社らしいソリッドな煙だが、清涼感のおかげでノド越しはスムーズ。
タバコ的な重さはMALAKIの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはMALAKIの平均。いくらか先に清涼感がピークアウトするが、こんなもんだなという程度。気になるような香りの変化は無い。
安定感はMALAKIの平均に少し劣る。AFのGumは火加減が強すぎると変な酸味が出るが、これも同様。とはいえ、Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方に大きな違いは無い。一応、陶器のPhunnel系で作る方が少しキレの良い煙の質になるので、フレーバーの特徴がより分かりやすく出るとは思う。
平均的なMALAKIの煙と言ったところ。中東の会社らしいソリッドな煙の質が嬉しい。

(総評)74点

個人的にはAFのGumより好きだった。
特徴である歯磨き粉っぽい香りがAFのGumと同じぐらいハッキリしている割に、ガムと言われて想像するキレの良さやスッキリ感がある。
ちなみに、最近のアメリカの会社のGum系の多くは歯磨き粉っぽい香りが薄めで、これと比べると、Spear Mint系に寄せ気味で日和っている印象。
そのあたりを考えると、定番の香りの特徴をキッチリと保ったまま細部が非常に洗練されており、MALAKIらしい作りだと思った。
AFのGumは好きだが、ややボディがありすぎて中盤で少し飽きる、という人に良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031