シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Al Fakher Base Mixer / Majestic Aurora(Grapefruit系の香りと香草系あるいは針葉樹の樹脂のような香り、非常に爽やか)

time 2021/03/13

Al Fakher Base Mixer / Majestic Aurora(Grapefruit系の香りと香草系あるいは針葉樹の樹脂のような香り、非常に爽やか)

Al Fakher Base Mixer(以下 AFBM)は、AFが出しているMix専用のフレーバー。
Polar FreezeIvory GoldAmber Rise、これら3種類が2020年2月半ばに発売された。全部で5種類が確認されており、2021年3月の時点では、これとWicked Emeraldはまだ発売していない、もしくは流通していない。
Mixに使う前提であるため着香が非常に濃く、詰めるフレーバーの15~20%をAFBMにするだけで、シッカリと香りが出る。

香りについて

Grapefruit系の香り:香草系あるいは針葉樹の樹脂のような香り=2:3ぐらいのMix。
試しに単体で吸ってみたところ、濃すぎるGrapefruit系とCardamon系のMixみたいな感じで、細部が潰れていて何だか良く分からなかった。濃すぎてクドいしノドが痛かった。他のAFBMと同様、他とMixして薄まったときに真価を発揮する。
適量をMixに使った場合、酸味や渋みの少ないサッパリしたGrapefruit系の香りと、香草系あるいは針葉樹の樹脂のような香りにより、非常にサッパリとしたアクセントを加えることができる。余計な甘さが無いのが良い。
ただ、香草系あるいは針葉樹の樹脂のような香りの部分が、何の香りかが分からない。似たような香りを過去に何かで試したことがある気はする。
香草系と捉えるなら、セージやタイムのような少しツンとした感じのある爽やかな香りという印象。TFDのNatural Orderから甘さを抜いて、香草系の香りをグッと濃くしたような感じだろうか。
針葉樹の樹脂のような香りと捉えるなら、松ヤニなどの樹脂を薄めたような香りという印象。Nu HookahのGum Masticを少し薄めたような香りが近いと思う。SBのLebanese Bomb Shellみたいなヒノキっぽい香りは無い。
香草系あるいは針葉樹の樹脂のような香りの部分に少々の独特さはあるものの、Grapefruit系の香りによってクセは抑え込まれている。余計な甘さが無いのも非常に良く、Mixの邪魔もしづらい。
メインで使ったフレーバーの香りをシッカリと出しつつ、ハッキリした爽やかでキレのあるアクセントを加えられる。

煙について

煙の量はAFの平均。煙の質はAFの平均より少しスムーズだと思う。
Mixを前提とした作りなので、正確な評価が難しい。酸味や渋みが控えめなので、AFのGrapefruitのことを思えば煙の質は非常にソフトでライト。
タバコ的な重さはAFの平均。SBのスタンダードラインやFumariより少し重いぐらい。
香りの持ちはMixする分量次第なので、何とも言えない。単体で吸った場合、もとが濃いので持ちは非常に長い。
安定感はAFの平均。Kaloud Lotusを使っていれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
おそらく、平均的なAFの煙。メインのフレーバーが何であるかに依存するので、これ自体の煙の質や安定感が問題になることは無い。

(総評)87点

個人的には好きな香りで、かなり楽しめた。
余計な甘さが無いので、メインのフレーバーの邪魔をせず、ハッキリした爽やかでキレのあるアクセントを加えられるのが良かった。
立ち位置としては、AFBMのAmber RiseとAFBMのWicked Emeraldの中間、ややWicked Emerald寄り、みたいな感じだと思う。
一応はSBのLebanese Bomb Shellなどがあったりはするが、ここまでハッキリと香草系や針葉樹の樹脂のような香りを出せるフレーバーは、やはり他に無い。
AF Fusionの3ALA MoodakTFDのNatural Orderも香草系っぽい香りのアクセントがあって良かったが、これを使えば細かいことを考えずに、似たような香草系のアクセントのあるMixを色々と作ることができる。
清涼感のみだったAFBMのPolar Freeze、Cream系のテイストのみだったAFBMのIvory Gold、シンプルなそれらと比べると流石に汎用性の点では少し劣るが、それでも十分に使い道はあり、Mixの幅は大きく広がる。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930