シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Azure Black / Route 66(おそらくMelon系:Watermelon系:Spear Mint系=3:2:1ぐらいのMix)

time 2021/04/08

Azure Black / Route 66(おそらくMelon系:Watermelon系:Spear Mint系=3:2:1ぐらいのMix)

香りについて

おそらく、Adalyaの売れ筋であるLove 66を意識したであろうフレーバー。
個人的には、Melon系:Watermelon系:Spear Mint系=3:2:1ぐらいのMixだと感じた。
AdalyaのLove 66を元にしているのであれば、これもPassionfruit系の香りが入っているはずだが、正直Passionfruit系の香りは良く分からなかった。
メインのMelon系はややマッタリした甘さで、ウリっぽい青臭さが強め。メロン味のねるねるねるねのようなケミカルさだったAzBのUnicornMelonManiaとは異なる系統のMelon系。
マッタリした甘さが強い点は最近のアメリカの会社のMelon系という感じだが、それとしてはウリ臭さがAFのMelonと同等かそれ以上で強い。この強めのウリ臭さはMelon系のみによるものではなく、Watermelon系が混じっていることが理由ではないかと思う。
そう思って吸うと、Melon系の甘さの後ろに、ナハラ MizoのWatermelonやNu HookahのWatermelon Mintなどの、一部のWatermelon系に特徴的なスカスカした甘さが感じられる気もする。
そこに、Gum系を何倍にも薄めたような、Spear Mint系の香りが入った清涼感が混じる。清涼感はホンノリとしており、煙を吐く時に少しノドがスッとする程度。
Melon系のマッタリした甘さはあるが、強めのウリ臭さによるキレやSpear Mint系のアクセントにより、クドさが抑えられており意外とサッパリしていて良い。
香りに一体感があり、クセなども無く万人受けする香り。

煙について

煙の量と質はAzBの平均。
Melon系の甘さはあるが、甘さがノドに残ってイガイガしたりせず、強めのウリ臭さや微かな清涼感のおかげで意外とキレが良い。
タバコ的な重さはAzBの平均。Tangiersよりは軽いが、TFDよりは少し重い。
香りの持ちはAzBの平均か、それより少し長い。時間による香りの変化は少ない。一定して時間とともに薄れていく。
安定感はAzBの平均。強めの火加減にするとマッタリした甘さが強めに出たりはするが、焦げたり崩れたりはしにくい。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節は難しくないだろう。
ボウルによる香りの出方に大きな違いは無かった。陶器のPhunnel系の方が少しサッパリと出るが、シリコンと陶器のPhunnel系の差だな、という程度。
平均的なAzBの煙といったところ。甘さはあるが意外とキレの良い煙の質。

(総評)77点

甘さはあるが、強めのウリ臭さやSpear Mint系のアクセントにより、意外とキレ良くスッキリとまとまっていて良かった。
最近、Adalyaの売れ筋であるLove 66と似たフレーバーが他社から幾つか出ており、これもその流れの1つだと思われる。よく分からない商品名だが、そう考えると66という数字も符丁する。
Melon系やWatermelon系のウリ臭さの部分にSpear Mint系のアクセントをかぶせることにより、クセは無いがやや独特なキレの良さを出しているMixで、探してみると下記のように意外と既に幾つかあった。
MYAのVegas H2ORed DragonAF Fusionの3ALA MoodakTFBのVertigo、このあたりが好きならば試す価値がある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930