シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Melon Melange(メロン味のチューイングキャンディや、メロン味のカルピスのメロン部分のような香り)

time 2021/04/26

Trifecta Blonde / Melon Melange(メロン味のチューイングキャンディや、メロン味のカルピスのメロン部分のような香り)

香りについて

マッタリした甘さのMelon系。ウリ臭さが少し強めなのが特徴。
強いて言うなら、メロン味のチューイングキャンディや、メロン味のカルピスのメロン部分のような香りだろうか。
パッケージにはスイカの絵もあしらわれているが、個人的にはMelon系単体のように感じた。
シーシャのMelon系然としており、実物のメロンと言うよりはどことなくお菓子っぽい感じのメロンの香りだが、そのぶん分かりやすい。
AFSEのMelon MayhemSBVのHoney Dew Meあたりと近い作りで、発売された時期もそれらと近い。
それらより後に発売されたAzBのMelonManiaUnicornなどは、ねるねるねるねのメロン味のような香りでケミカルなお菓子っぽさがさらに強いが、それらと比べるとずっと控えめ。
多少のお菓子っぽさはあるが、確かにメロンを想起させる分かりやすい香りであり、強いケミカルさなども無くて良い。
過去の店での消費傾向からしても、人気があるタイプのMelon系の香りだと思う。

煙について

煙の量はTFBの平均。煙の質はTFBの平均か、それに少し劣る。
火加減に依るものの、マッタリした甘さが強いため、それがノドに残って少しイガイガする感じが出ることがある。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均か、それより少し長い。割と濃いめで輪郭がハッキリした着香なので、持ちは少し長めに感じる。
安定感はTFBの平均か、それに少し劣る。焦げたりはしにくいが、火が強すぎるとマッタリした甘さが強く出過ぎて、それがノドに残ってイガイガする。
また、香りが本調子になるまでに少し時間がかかる印象で、個人的には、蒸らし終わったぐらいの早い段階でKaloud Lotusをどけて中のフレーバーをひっくり返す方が良いと思った。
使うボウルによって香りの出方がやや変わる。シリコンボウルで作る方が、陶器のPhunnel系で作るよりマッタリした甘さがハッキリと出るので、フレーバーの特徴が分かりやすいと思った。
煙の質や安定感の点でTFDの平均に少し劣るが、マッタリした甘さが強いMelon系なので仕方無いかな、という煙。

(総評)77点

シーシャのMelon系然とした香りが、無難かつ高水準にまとまっている。
個人的に、Melon系の中ではAFSEのMelon MayhemSBVのHoney Dew Meが好きなので、それらと近い系統の香りだったこれも楽しめた。
それはそうと、極めて個人的な意見だが、Melon系は大まかに3つの系統があると思っている。1つ目は、AFのMelonやナハラのMelonのような、マッタリした甘さがやや控えめでウリ臭さがハッキリしたクラシックなもの。2つ目はそのしばらく後に出た、AFSEのMelon MayhemSBVのHoney Dew Meあたりの、強いケミカルさは無いが香りの輪郭がハッキリしたマッタリした甘さのもの。3つ目が、AzBのMelonManiaUnicornあたりの最近になって出てきた、ねるねるねるねのような香りのケミカルさが強いもの。発売された時期的にも、これは2つ目の系統のMelon系だと思う。
個人的にはAFのMelonは再現度が高く地味に優秀だったと思うが、あれはウリ臭さが強めな点で好き嫌いが少し分かれる気がする。それのあたりを考えると、実物のメロンと言うよりシーシャのMelon系と言った香りではあるが、確かにメロンを想起させる香りのこれは、クドく感じるような露骨なケミカルさもなく、より万人受けする仕上がりだと思う。
AFSEのMelon MayhemSBVのHoney Dew Me、このあたりが好きならば試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930