シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MustHave / Fizzy Dizzy(Barberry Candyと似た、ややケミカルな変わり種のBerry系)

time 2021/09/14

MustHave / Fizzy Dizzy(Barberry Candyと似た、ややケミカルな変わり種のBerry系)

香りについて

独特なキレ感のある、Berry系の香りがメインのカクテル系の香り。
ツンとした感じのある独特なBerry系の香りに、アルコールを模したと思われる人工的な感じのビターさが少々。
メインはMHのBarberry Candyと似たサッパリしたBerry系の香り。Berry系らしさはあるがBlueberry系やRaspberry系とは異なる香りで、どことなく薬品っぽい独特なキレ感があるのが特徴。
そこに、アルコールを模したと思われる人工的で硬質なビターさが微かに混じる。このテイストはTFDのPulp FrictionFumariのMojito Mojoあたりのカクテル系に見られたものと同じだが、それらより濃さは控えめ。
全体として見ると、MHのBarberry Candyを硬質でドライなビターさによって少しキリッとさせたような香り。ややケミカルなので、それなりにクセはある。
ちなみに、どうやらこれはMHのBarberry Candyと同じメギの実を使ったリキュール類がモチーフらしいので、上記のような香りなのも納得がいく。
ややケミカルな変わり種のBerry系といった香り。

煙について

煙の量と質はMHの平均。
MHらしいモワッとした煙の質で、ウェットでボディのある吸いごたえ。香りがサッパリめなので、少しキレが良いように感じる。
タバコ的な重さはMHの平均。最初のキックはTangiersより弱いが、1本を通してみるとTangiersと同じぐらいの重さ。AzBより少し重い。
香りの持ちはMHの平均で、時間による香りの変化も少ない。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はMHの平均。強めの火力でも焦げたりはしにくく、扱いやすい。
ボウルによる香りの出方には少々の差がある。陶器のPhunnel系の方が全体に少しキレがよく出て、フレーバーのらしさがハッキリと出ると思った。シリコンボウルだと全体によりモワっと出る。シリコンで作る方がクセは少ないと思う。このへんは好みの問題。
ボウルによって香りの出方が少し異なるが、他は平均的なMHの煙と言ったところ。

(総評)70点

個人的にカクテル系のアルコールを模した独特なビターさが苦手であるため、これも少し苦手だった。
とはいえ、MHのBarberry Candyは店でそれなりに人気があり、アルコールを模したテイストのあるTFDのPulp FrictionやFumariのMojito Mojoあたりが好きな人もそこそこいたので、これを好きな人も少なからずいる気はする。
メインの香りの部分は確かにBerry系っぽいが、その他の部分が独特なので、他社には珍しい変わり種という感じの仕上がりになっている。
MHのBarberry CandyTFDのPulp FrictionFumariのMojito Mojo、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930