シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MustHave / Mad Pear(Pear系:Green Apple系=2:1ぐらいのMix、良く出来た洋梨の香りと思っても吸える)

time 2021/10/09

MustHave / Mad Pear(Pear系:Green Apple系=2:1ぐらいのMix、良く出来た洋梨の香りと思っても吸える)

香りについて

Pear系:Green Apple系=2:1ぐらいでMixしたような香り。
完全には熟していない、まだ少し固くてシャリシャリした洋梨のような香りと言ったところか。
TFDのPrarfectと似た確かに洋梨を想像させる香りだが、それより少し甘さが控えめでサッパリしている。
Green Apple系の香りは、青リンゴ味のガムやゼリーのような、人工香料っぽい感じの分かりやすい香り。
AzBのGrow a Pear、TFBのApple 509、AFSEのHookah Matata、このあたりが近いと思う。
両者の香りの相性が良いのか、全体に一体感があり、Green Apple系っぽい香りが入ってはいるものの、確かにこれはこれで洋梨っぽい香りになっている。
Pear系とGreen Apple系のサッパリした甘さのMix、あるいは再現度が高めのPear系単体と思っても吸える香り。

煙について

煙の量と質はMHの平均。
MHらしいモワッとした煙の質で、ウェットでボディのある吸いごたえ。
タバコ的な重さはMHの平均。最初のキックはTangiersより弱いが、1本を通してみるとTangiersと同じぐらいの重さ。AzBより少し重い。
香りの持ちはMHの平均で、他のダークリーフのフレーバーと比べて少し長め。時間による香りの変化は少なく、一定して薄れていく。
安定感はMHの平均か、それより少し良い。強めの火力でも焦げたりはしにくく、扱いやすくて良い。

ボウルによる香りの出方には少々の差を感じた。シリコンボウルの方がPear系の香りがハッキリと出て、フレーバーの特徴が分かりやすい。
平均的なMHの煙と言ったところ。目立った欠点などは無い。個人的にはシリコンボウルで作る方がオススメ。

(総評)82点

まずまず再現度が高めのPear系という感じで、個人的にはかなり楽しめた。
背後にGreen Apple系っぽい香りの存在が少し感じられるものの、メインのPear系との香りの相性が良く、割と上手く溶け込んでいて良かった。絶妙なMixだと思う。
ちなみに、TFDのPearfectも洋梨らしい香りで良くできていたが、煙の質がイガイガしやすいのが難点だった。その点でこちらが優れている。
再現度が高めでハッキリと洋梨を想像させる香りのフレーバーは割と珍しく、その中でも上記のように煙の質などの目立った欠点が無く、良く出来ている。
TFDのPearfectNirvana EclipseのTataniaAFSEのHookah MatataAzBのGrow a PearMHのFeijoa、このあたりが好きならば試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31