シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MustHave / Pinkman(甘めのBerry系 MixにGrapefruit系の微かなビターさのアクセント、完成度が高い)

time 2021/11/21

MustHave / Pinkman(甘めのBerry系 MixにGrapefruit系の微かなビターさのアクセント、完成度が高い)

香りについて

Strawberry系:Raspberry系:Grapefruit系あるいはLemongrass系=2:1:1ぐらいのMix。
いちごジャムのようなマッタリした甘めStrawberry系がメイン。他社のStrawberry系によく見られるヘタの部分のような青臭さが無く、輪郭のハッキリした分かりやすい甘さ。
Raspberry系の香りはMHのRaspberryと同じで、これもケーキなどに使われるピューレや味が濃いめのラズベリーキャンディに近い香り。甘めのStrawberry系との相性が良い。
これらのマッタリした甘めのBerry系のMixの背後に、スッキリしたGrapefruit系のビターさと酸味が微かに感じられる。個人的にはこのビターさは、レモングラスのような香りにも感じられた。
この微かなビターさと酸味が甘めのBerry系のMixを全体に少し引き締めており、かなり良いアクセントになっている。非常に完成度が高いMixだと思った。
MHの中でも人気のフレーバーとのことだが、それも納得の出来。美味しい。

煙について

煙の量と質はMHの平均。
MHらしいモワッとした煙の質で、ウェットでボディのある吸いごたえ。少々の酸味があるが、ノドへの強い当たりなどは無い。
タバコ的な重さはMHの平均。最初のキックは控えめだが、1本を通して見るとAzBと同じかそれより少し重いぐらい。
香りの持ちはMHの平均で、時間による香りの変化も少ない。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はMHの平均。強めの火力でも焦げたりはしにくく扱いやすい。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないだろう。
ボウルによる香りの出方には少し違いがある。陶器のPhunnel系で作る方がマッタリした甘さが控えめになり、アクセントの部分が強めに出る。このへんは好みの問題。
平均的なMHの煙と言ったところ。目立った欠点など無く扱いやすい。

(総評)84点

MHの中でも人気のフレーバーとのことで、確かに良く出来ている。かなり楽しめた。
Grapefruit系あるいはLemongrass系っぽい香りによる微かなビターさと酸味が、 甘めのBerry系のMixに対してハッキリしたコントラストを示しており、非常に良いアクセントになっていた。
それでいてアクセントの部分がフレーバーに特徴を与えつつも悪目立ちしておらず、またそれ以外の部分はマッタリした甘めのBerry系のMixでまとまっている。Mixのチョイスやバランスが絶妙だと思った。
AFSEの7AFのRaspberry RushAzBのStrawberry Passion、このあたりが好きならば試す価値は非常に大きい。良く出来ている。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31