シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

MustHave / Watermelon(やや全体に濃い口のWatermelon系で、コンビニアイスのスイカバーを濃くしたような香り)

time 2022/04/30

MustHave / Watermelon(やや全体に濃い口のWatermelon系で、コンビニアイスのスイカバーを濃くしたような香り)

香りについて

やや全体に濃い口のWatermelon系。
Nu HookahのWatermelonMALAKIのWatermelonに見られた、良い意味でスカスカした甘さがあるのが特徴。
ただ、それらよりも全体に少しマッタリめで、このあたりはSBのWatermelon系やAFのWatermelonに近いものがある。
スカスカしたキレの良いサッパリした甘さのもの、マッタリした甘い香りが強めのもの、Watermelon系はこの2種類に大別できると個人的に思っているが、これはその中間という感じ。
Watermelon系としてはマッタリした甘さが少し強めであり、それに負けないようにするためか、ウリっぽい青臭さも濃いめで、全体に濃い口な仕上がり。
そのため、コンビニアイスのスイカバーを濃くしたような香りという感じになっている。分かりやすさはあるものの、少しワザとらしさが目立つ。
いくらか濃い口な仕上がりという特徴はあるものの、基本的にはどこかで試したことのあるWatermelon系という感じ。

煙について

煙の量と質はMHの平均。
MHらしいモワッとした煙の質だが、ウリっぽい青臭さがやや強めなせいか、煙のキレはそれなりに良い。
タバコ的な重さはMHの平均。最初のキックはやや控えめだが、トータルで見ればAzBと同じぐらいの重さ。それなりに重い。
香りの持ちはMHの平均。シンプルな香りなので時間による変な香りの変化なども無い。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はMHの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。割と高温に耐える。
ボウルによる香りの出方に大きな差は無い。一応、陶器のPhunnel系で作る方が煙のキレが良いので、少しサッパリめに出る。陶器のPhunnel系とシリコンボウルの差だな、という感じ。
平均的なMHの煙と言ったところ。割と高温にも耐えるので、扱いやすい。

(総評)73点

どこかで試したことのあるWatermelon系という感じで、目新しさや特徴のようなものに欠ける。
他社のものより少し全体に濃い口な仕上がりという地味な特徴はあるが、そのぶんコンビニアイスのスイカバーのようなワザとらしさが少し目立つ。
店での消費傾向を見ていると、Nu HookahのWatermelonMALAKIのWatermelonのような、良い意味でスカスカした甘さのあるサッパリしたWatermelon系の方が使い勝手が良いようである。
そのあたりと、現時点でのMHの入手性の悪さを考えると、わざわざこれを探して買う必要は少ないように思える。AFのWatermelonやTangiersのWatermelonで代用が利くと思う。
AFのWatermelonTangiersのWatermelonAFSEのSweet Dropsあたりが好きで、細部へのこだわりがあるなら試してみても良いだろう。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031