シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Debaj Black / Bangum(Banana系:Gum Mastic系=2:1ぐらいの変わり種 Mix)

time 2022/09/02

Debaj Black / Bangum(Banana系:Gum Mastic系=2:1ぐらいの変わり種 Mix)

香りについて

Banana系:Gum Mastic系=2:1ぐらいの変わり種 Mix。
Banana系のMixとしては珍しく全体にややサッパリめで、他社には見かけない独特なBanana系のMix。
LavooのIce Breakerは、Banana系の香りにClove系の香りでシャープなアクセントを加えたような作りだったが、それと似たような方向性。
メインはBanana系の香りで、他社のものと比べてマッタリした甘さは控えめ。おそらく、バナナの白いスジみたいな後味の渋みは強めだと思うが、下記のGum Mastic系の香りと混じっていて細部は判然としない。
そこにGum Mastic系と思われる、やや独特だがスッキリした微かな苦味のある香りが混じる。もしかしたらSpear Mint系の香りも少し入っているかもしれない。
集中すれば、針葉樹の樹脂を薄めた香りにCitrus系を少し足したようなGum Mastic系っぽさを感じるが、Banana系の白いスジみたいな後味の渋みと一体になっており、ボンヤリ吸っていると割と分かりにくい。
漫然と吸うと、サッパリめでやや控えめな捉えにくいBanana系に、やや独特なスッキリした香草系の香りがアンダートーンとしては強めに混じっている、という感じ。個人的には青々とした芝生のような香りに感じた。
他社には見かけない独特なBanana系のMix。そこそこクセが強いので人を選ぶと思う。

煙について

煙の量と質はDBの平均。
グリセリンっぽいモワッとした感じが少なく、ダークリーフのフレーバーの中ではソリッドな煙。Gum Mastic系の香りによって全体にサッパリめの仕上がりで、それと相まってキレは良い。
タバコ的な重さはDBの平均。Tangiersよりは軽いが、AzBと同じぐらいの重さはあるので、それなりに重め。
香りの持ちはDBの平均。Mixではあるが時間による香りの変化は少なく、一定して薄れていく。
安定感はDBの平均。それなりに高温にも耐えるので、Kaloud Lotusを使っているのであれば割と適当で大丈夫。
ボウルによる香りの出方には少々の差がある。個人的にはシリコンボウルで作る方が良いと思った。
シリコンボウルで作る方がGum Mastic系の香りが控えめに出て、クセを感じにくい。陶器のPhunnel系で作るとMastic Gum系の香りが悪目立ちする印象。
ボウルによって香りの出方に少々の差はあるが、他は平均的なDBの煙といったところ。

(総評)55点

Gum Mastic系は割と好きなのだが、個人的にはこのMixは微妙だと思った。かなり独特。
Banana系のMixというと、多くの人はChocolate系やCoconut系なんかとのマッタリした甘めのMixを期待すると思うが、これはやや独特なサッパリめのMixなので、良くも悪くも期待を裏切られると思う。
ちなみに、吸うまでどういう商品名なのか分からなかったが、 ”Ban”ana と ”Gum” でBangumなのか、と思った。
極めて個人的な意見だが、Gum Mastic系の香りとBanana系の後味が混ざって、なんだか後味の一部にスペアミントを擦ったコピー紙みたいな香り、あるいは青々とした芝生のような香りを感じた。
良く言えば香りに一体感があるのだが、個人的にはそれぞれの香りの相性が良いわけでもない気がする。正直、どこを目指したMixなのか良く分からなかった。
LavooのIce Breakerのような変わり種のBanana系のMixを探しているのであれば、試してみても良いかもしれない。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2022年11月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930