シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Blackberry Lime(Blackberry系の微かな渋みとLime系の酸味の相性が良く、ちゃんと形になっている)

time 2024/06/28

Tangiers Noir / Blackberry Lime(Blackberry系の微かな渋みとLime系の酸味の相性が良く、ちゃんと形になっている)

香りについて

名前のとおり、Blackberry系とLime系のMix。
Blackberry系の香りは、後味に少々の渋みのようなコクがある甘めの何かのBerry系で、MHのBlack CurrantBlack Berryと近い香り。そこにツンとしたテイストが強めのCherry系の香りが1~2摘みほど混じるのが特徴。
TangiersのBlackberryも微かにCherry系っぽい香りが入っていたので、それと同じ作りだと思う。
Lime系の香りもTangiersのLimeと似ている。他社のLime系と比べるとケミカルさが控えめで、強くはないがキュッとした爽やかな香りと酸味がある。
Blackberry系の渋みや微かなCherry系の香りやLime系の酸味の相性が良く、後味の部分でそれらが上手く一体化している。これにより、ややマッタリめのBlackberry系の香りが全体に引き締められている。
普通にTangiersのBlackberryTangiersのLimeを混ぜたような香りだが、Mixのチョイスやバランスは良い。なかなかいける。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。少々の酸味も手伝って、Tangiersらしいなという吸いごたえ。
タバコ的な重さは箱のパッケージになってからのTangiers Noirの平均。AFより少し重いぐらい。
香りの持ちはTangiersの平均。時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく。
安定感はTangiersの平均。ボウルによる香りの出方に大きな差はなかった。陶器のPhunnel系で作る方が少し後味の引き締まった感じが強く出る印象だが、単にシリコンと陶器の差という感じ。
目立った欠点などは無く、平均的なTangiersの煙といったところ。

(総評)78点

普通にTangiersのBlackberryTangiersのLimeを混ぜたような香りではあるが、個人的には割と好みだった。
Blackberry系の微かな渋みとLime系の酸味やCherry系のツンとしたテイストが一体になり、後味の部分で全体をキュッと引き締めているのが良かった。Cherry系のツンとしたテイストとLime系の香りが地味に良い仕事をしている。
Blackberry系の香り自体はややマッタリめだが、後味に感じられるこれらの香りのおかげでクドさを感じにくくなっている。Tangiersに既存の香りを普通に混ぜただけと言えば混ぜただけのMixだが、ちゃんと形になっていて偉い。
個々の香りが割とハッキリしているので、Tangiersのベースの香りに負けて何だか分からないみたいなことが無いのも良い。
TangiersのBlackberryMHのBlack Currant、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031