シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Darkside / Polar Cream(生クリームを少し混ぜた牛乳に、ピスタチオナッツと砂糖を入れてミキサーにかけたような香り)

time 2024/07/05

Darkside / Polar Cream(生クリームを少し混ぜた牛乳に、ピスタチオナッツと砂糖を入れてミキサーにかけたような香り)

香りについて

ローストしたナッツのような香ばしさのあるピスタチオナッツの香りと、やや甘さ控えめなCream系のMix。
ローストしたナッツの油分のような香ばしさが少し強めだが、その背後に確かにピスタチオナッツで納得の香りが感じられ、再現度は高め。
ただ、Cream系のテイストとのMixになっているため、再現度が高かったMHのPistachioと比べると、幾らか全体にボンヤリとしている。
とは言え、Cream系のテイストとローストしたナッツのような香ばしさの相性は良いし、その背後にピスタチオナッツだと分かる香りも感じられるので、普通に良く出来ている。
強いて言うなら、生クリームを少し混ぜた牛乳にピスタチオナッツと砂糖を入れてミキサーにかけたような香りだろうか。宣材写真のイメージはちゃんと伝わってくると思った。
商品名は何だか分からないが、宣材写真を見れば納得の香り。なかなか良く出来ている。

煙について

煙の量はDarksideの平均、煙の質はDarksideの平均より少しウェット。
ほどほどにソリッドな煙だが、他のDarksideと比べるとCream系のテイストがあるぶん少しモワッとした煙の質な気がする。誤差の範囲。
タバコ的な重さはDarkside Coreの平均。AFと同じか、それより少し重いぐらい。多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
安定感や香りの持ちはDarksideの平均。時間とともに一定して薄れていく。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節は難しくない。
ボウルによる香りの出方には少々の差があると思った。シリコンボウルで作るとCream系のテイストが少し強く出て、背後のピスタチオナッツっぽい香りが少し分かりにくくなる。個人的には陶器のPhunnel系で作る方が、フレーバーの特徴が分かりやすく出ると思った。
ややボウルを選ぶが、その他はDarksideの平均的な煙。目立った欠点は無い。

(総評)77点

個人的に思い入れのある香りでは無いが、普通に良く出来ていると思った。
ピスタチオナッツをモチーフにしていて、その香りが分かりやすく単体に近いフレーバーは珍しいので、その点でも価値があると思う。
ピスタチオナッツの香りの分かりやすさの点ではMHのPistachioに少し劣るものの、それでもピスタチオナッツの香りであることは分かるし、それを邪魔しないMixのチョイスとバランス。これはこれであり。
余談だが、蒸らしている時の香りがSBのEgyptian Pharosに少し似ていた。ローストしたナッツのような香ばしさがある点でそれと似ているので、蒸らしている時のその香りではないかと思う。
MHのPistachioAFSEのRich CremeSBのEgyptian Pharos、このあたりが好きならば試す価値は大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031