シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Tangelo(マッタリとした厚みのあるビターさが特徴のGrapefruit系)

time 2015/10/28

Fumari / Tangelo(マッタリとした厚みのあるビターさが特徴のGrapefruit系)

香りについて

オフィシャルには、シャープなオレンジの香りと少々のグレープフルーツの苦味と書いてある。
煙を吐き終えるときに強く感じる、穏やかでマッタリとした厚みのあるビターさが非常に特徴的。このビターな香りが主役だが、AFのGrapefruitのような尖った主張の激しさは無く、吸いやすい。
また、SBBのGrapefruit Mintと比べると甘さが強いため、全体にマッタリとした仕上がり。特徴的なビターさの陰に、FumariのOrangeと似た、丸みのある甘めのオレンジの香りを感じる。AFのOrangeやLemonのような典型的なCitrus系によく見られる、シャープなキレやハードさは無い。
全体にマイルドにまとめる傾向にあるFumariらしく、他社のGrapefruit系と比べ、やはり穏やか。酸味よりも甘さが強くなった良く熟した果肉の赤いグレープフルーツと言ったところだろうか。
他社には無い特徴的なビターさで、趣きがあって非常に良い。良く出来ている。
 

煙について

煙の量と質はFumariの平均。ウェットでボリュームのあるノド越しで、いわゆるFumariの煙。Citrus系だが、煙の質は非常にウェットで吸いやすい。特徴であるビターさとも良くマッチしている。
タバコ的な重さはFumariの平均で軽い。おおよそSBの1/2~2/3ぐらいの重さだろうか。香りの持ちはFumariの平均より少し長い。特徴的なビターさと甘さが一定して良く続く。火の調節はFumariの平均で、コツさえ掴んでいれば難しくない。変な香りの変化も無い。
Fumariらしい煙の質が、香りの特徴と非常に良くマッチしている。
 

(総評)80点

Grapefruit系はどれも会社ごとに大きく仕上がりが違う。これも例に漏れず、他社には無い香り。
マッタリしたビターさが非常に特徴的かつ美味で、ウェットな煙の質とも非常に良くマッチしていた。個人的にはSBBのGrapefruit Mintがサッパリしていて一番好きだが、これもかなり出来が良いと思う。
とはいえ、Grapefruit系は会社ごとに香りが大きく違うので、どれが好みかは人それぞれだと思う。爽やかさを求めるならSBBのGrapefruit Mint、キレを求めるならAFのGrapefruitが良いだろう。ドッシリとした重厚なビターさと甘さのあるGrapefruit系を求めるなら、これをオススメする。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31