シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Darkside Core / Cookie(強いて言うなら、森永製菓のマリービスケットみたいな牛乳たっぷりで作った柔らかめのサクサクしたシンプルなクッキー)

time 2024/04/22

Darkside Core / Cookie(強いて言うなら、森永製菓のマリービスケットみたいな牛乳たっぷりで作った柔らかめのサクサクしたシンプルなクッキー)

香りについて

シリコンボウルか陶器のPhunnel系かで、香りの出方が大きく異なるため、一概に書きにくい。
おそらくだが、シリコンボウルで作った場合の香りの方がクッキーと言われて納得しやすく、メーカーが意図しているだろうと思われる香りが出る気がするので、そちらを書くことにする。
ちなみに、陶器のPhunnel系で作ると、微かなビターさのあるバターキャンディやキャラメルのような、クッキーかと言われると少し微妙な香りが出てくる。
シリコンボウルで作ると、レンジで80℃ぐらいに温めた牛乳を外から嗅いだ時のような香りに、少々のブラウンシュガーや黒糖を加えたような香りが出る。
あくまでクッキーとして捉えるなら、森永製菓のマリービスケットみたいな牛乳たっぷりで作った柔らかめのサクサクしたシンプルなクッキーという感じの香りだろうか。
牛乳っぽい香りが強めで、その部分の出来が良い点など、全体的にSPECTRUMのCookies & Milkと似ている。

煙について

煙の量と質はDarksideの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。Tangiersより少しだけウェットかな、という感じの煙。
タバコ的な重さはDarkside Coreの平均。AFと同じか、それより少し重いぐらい。多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
香りの持ちはDarksideの平均。時間による香りの変化も少ない。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はDarksideの平均に劣る。高温に弱いようで、一度崩れるとリカバリーもしにくい。陶器のPhunnel系で作ると非常に焦げやすいので、シリコンボウルで作る方が良いと思った。
上記のように、ボウルによって香りの出方が大きく異なる。陶器のPhunnel系で作ると火の調節がタイトなので、ボウルを選ぶ必要がある印象。
Darksideの中では扱いづらい部類。シリコンボウルで作るなら割と適当で大丈夫だが、崩れるとリカバリーはしにくい。

(総評)74点

ボウルによって香りの出方が大きく異なるため、レビューが難渋した。
上で陶器のPhunnel系で作ると少々のビターさのあるバターキャンディやキャラメルのような香りに出ると書いたが、おそらく焦げかけで崩れていると思う。色々と試したが、陶器のPhunnel系で作るとどうやっても火の調節が難しかった。
また、メーカーが意図しただろうと思われる、森永製菓のマリービスケットととも捉えられる香りが出るのもシリコンボウルだったので、シリコンボウルで作るのが無難だと思う。
そのあたりと天秤にかけることにはなるが、Cream系の香りで誤魔化さずにちゃんとレンジで温めた牛乳みたいな香りがするのは面白いので、その点には価値がある。
SPECTRUMのCookies & MilkTFDのIndian KheerAzBのCinnamon Cookie、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930