シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Oduman Blend / Smoke’N Roll(硬質でケミカルなキレ感とBlueberry系が半々ぐらい、かなり独特でクセが強い)

time 2023/07/08

Oduman Blend / Smoke’N Roll(硬質でケミカルなキレ感とBlueberry系が半々ぐらい、かなり独特でクセが強い)

香りについて

硬質で人工的なクセの強いキレ感、Blueberry系の香り、それらが半々ぐらい。全体にかなりクセがある。
メインは何だか良く分からないが、クセの強いケミカルで人工的な香り。少々のビターさはあるが渋みは無く、なんとなくビニールっぽい無機質かつ硬質なキレ感。
FumariのMojito Mojoに見られるアルコールを模したと思われる人工的で硬質な感じのキレ感を抜き出して3倍ぐらいの濃さにしたら、こんな感じのテイストになるかもしれない。
強いて言うなら、焦げてはいないが熱で変形して少し変なニオイがし始めたプラスチック、あるいは刺激臭が弱めの有機溶剤のような香りといったところか。クセが強い。
それらの奥に、おそらく中東の会社によくあるタイプで少しサッパリめのBlueberry系の香りが感じられる。上記の香りに押されており細部は判然としない。とりあえず、アメリカの会社のBlueberry系のような、キャンディやガムっぽいマッタリした甘さは控えめだと思う。
確かにこの手のクセとキレ感の強いものは、一度ハマるとそればかり吸うようになったりはする。限られたごく一部の人間に深く突き刺さることを祈ってデザインされているように感じた。
硬質で人工的なキレ感がメイン。かなり独特でクセが強い。

煙について

煙の量と質はOdumanの平均。
Odumanのフレーバーは中盤を過ぎたあたりでグリセリンっぽさが目立ってくるが、これも同じ。OdumanのOrigamiと同様に、このグリセリンっぽさと香りとの相性が悪い。
タバコ的な重さはOdumanの平均。AFと同じぐらいの重さ。
香りの持ちはOdumanの平均。時間による変化も少ない。時間とともに一定して薄れていく。
安定感はOdumanの平均。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ボウルによる香りの出方に大きな違いは無い。単に陶器のPhunnel系とシリコンボウルの差だな、という感じだった。
平均的なOdumanの煙と言ったところだが、香りと煙の質の相性がイマイチ。

(総評)45点

個人的には吸えなくないが、まったく無理な人も一定数いると思う。クセが強い。
もっとも、こういうクセの強いキレ感は他で代用がきかないことが多く、そういったものに一度ハマるとそればかり吸うようになったりすることはある。ただ、それを加味してもこれかぁ、という感じが否めない。
ちなみに、中盤を過ぎたあたりから出てくるグリセリンっぽさが個人的には苦手だった。独特でクセの強いケミカルさや全体に控えめな甘さ、これらにより強いキレ感が出ているのに、グリセリンっぽさがそれを邪魔していると思った。
クセも主張も強いのでMixにも使いにくい。無難に美味しいフレーバーや、Mixで使いやすいものなどを探しているのであれば、これは後回しにする方が良いだろう。
とりあえず他社には無い香りなので、いろいろと試していて何かと飽きており、とりあえず何でも良いから知らない香りを試したいという人向け。万人受けする香りではない。
強いて言うなら、MHのBarberry CandyMHのFizzy DizzyTFDのPulp Friction、このあたりが好きならば試してみても良いかもしれない。

コメント

  • はじめまして。
    広尾にあるオデュマンの代理店でサンプルを嗅いだ感じが好きだったのでSmoke’n rollと、チョコオレンジを買ってみました(フレーバー2つ買うと非売品のフォークをくれるというので、つい)。
    たしかに奇妙な緑っぽい味があります。シロップ漬けの人工芝?みたいな…デクラウドのプラムを3:2くらいで混ぜたら嫌な感じは薄れました。どうにか美味しく吸ってやろうという気持ちになってます。そして癖になる感じも分かるかもです…
    セッティングは80feet+ターキッシュにハーフ炭2つ半です。

    by あさり €2023年9月27日 1:53 AM

    • はじめまして。
      基本的にはクセが強い部類なので、万人受けする香りではないなぁ、というのが正直な感想でした。
      一応、こういう独特なものに慣れると他では満足できなくなったりはするものの…

      by ダビデ €2023年9月29日 11:45 PM

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031