シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Ferris Bowl 火の調節

作り方はこちら
長所や短所はこちら

重要なのは、最初に7~8分ほど放置して蒸らした後、中のフレーバーをひっくり返すこと
ゆっくりと吸う作業も、煙と香りの様子を見る意味の他に、フレーバーに熱を回す効果があるため重要

① Kaloud Lotusを乗せて、新しいCoco Land 2ピースと補助の炭 2ピースを入れる
補助の炭は中~大ぐらいが良い。後半でも火力が必要なボウルであるため、最初から多めに炭を入れることをオススメする。
ただし、それでも場合によっては後半で炭の追加は必要。面倒くさい。

② 7~8分ほど放置した後、2~3回ほどゆっくりと吸う
このとき、Kaloud Lotusのファンは、完全に閉じた状態~1/3ほど開いた状態で良い。
7~8分ほど放置したら、2~3回ほどゆっくりと吸ってみて煙の調子を見てみる。
おそらく、この時点では煙が本調子になっていないはずである。もし満足のいく煙と香りが出ていれば、③は飛ばして普通に吸えば良い。

③ Kaloud Lotusをどけて中のフレーバーをひっくり返す
中のフレーバーをひっくり返したら、再び2~3回ほどゆっくりと吸って様子を見る
ゆっくり吸うことでフレーバーに熱が回るため、この操作をしているうちに煙が本調子になっていくはずである。
これをしても煙が本調子にならない場合は、追加で1~2分ほど放置して蒸らす。

④ 普通に吸う
普通に吸いだしてから15分ほど経ったあたりと、25分ほど経ったあたり中のフレーバーをひっくり返す作業を行うと、やや煙と香りの濃さの復活具合が良い。以降は煙と香りの様子を見つつ適宜という感じ。
ちなみに、ひっくり返す作業を行う際は、Kaloud Lotusの裏に張り付かない程度に、出来る限り手早くフレーバーをフンワリと盛り直すとロスが出にくいと感じた。
ただ、このへんの操作が上手くいかないと、普通に吸い始めてから40~45分ほど経ったあたりで、必要な量のフレーバーの量の割に煙と香りが薄いと感じるようになる。その場合は小さな補助の炭の追加を検討する必要がある。(Ferris Bowl レビューの記事の短所の項を参照)

* 焦げた時の対処法
どちらかと言うと火力不足の方が問題になるボウルであるため、焦げることは少ないと思う。
煙にトゲがあると感じたり何だか酸っぱいような香りが出ている時は、焦げ始めてると思って良い。もしくはKaloud Lotusの底面にフレーバーがゴッソリ張り付いているか。
その場合、上のファンをどけて、しばらく吸うか吹くかすると良い。すぐに煙と香りが落ち着くと思う。また、このタイミングでKaloud Lotusをどけて中のフレーバーをひっくり返す作業を行うのも悪くない。中の温度が下がり、煙と香りが早く落ち着く。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031