シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Darkside Core / Ice Granny(商品名のとおり、非常にシンプルなGreen Apple系と微かな清涼感)

time 2024/04/14

Darkside Core / Ice Granny(商品名のとおり、非常にシンプルなGreen Apple系と微かな清涼感)

香りについて

シンプルなGreen Apple系の香りに少々の清涼感。
メインはシンプルなGreen Apple系の香りで、青リンゴ味の駄菓子のガムやグミ、あるいは薄緑色をした無果汁の青リンゴ味のゼリーのような、クセの無いサッパリした甘い香り。
他社からもちょこちょこ出ている香りで、Green Apple系の典型と言ったところ。MALAKIのGranny’s KissやTFBのApple 509なんかと同じ系統。
色々と試している人だとシンプルすぎて物足りないと感じるかもしれないが、そのぶんクセが無く吸いやすいので、万人受けはすると思う。
この背後に、煙を吐くときに少しノドがスッとする程度のホンノリした清涼感が混じる。Mint系のグリーンな香り、DarksideのSuper Novaのような冷たいシャープさなどは無い。
商品名のとおり、非常にシンプルなGreen Apple系と微かな清涼感。

煙について

煙の量と質はDarksideの平均。
過度なウェットさの無い、ほどほどにソリッドな煙。Tangiersより少しだけウェットかな、という感じの煙。
タバコ的な重さはDarkside Coreの平均。AFと同じか、それより少し重いぐらい。多くの人にとって負担にならない重さだと思う。
香りの持ちはDarksideの平均で、時間による香りの変化も少ない。時間と共に順当に薄れていく。
安定感はDarksideの平均。シロップが多いダークリーフのフレーバーという感じで、他社のそれと同様に結構な高温に耐える。
ボウルによる香りの出方に大きな差はなかった。一応陶器のPhunnel系で作る方が煙の質がスッキリと出るので、フレーバーの特徴がより分かりやすく出るように思った。このへんは好みの問題。
平均的なDarksideの煙といったところ。

(総評)72点

クセの無い万人受けする香りで、非常に無難なまとまり。
個人的にはシンプルすぎて少し物足りないと感じたが、このへんは好みの問題だと思う。
そう思って見ると、Pineapple系とのMixだったAFSEのHookah Matata、Pear系とのMixだったMHのMad PearAzBのGrow a Pearなど、Green Apple系は何かとMixになっていて添え物のように使われていることが多い気がする。単体で吸うにはシンプルすぎるからだろうか、などと適当なことを思った。
その反面、何とMixしても邪魔をすることは無いので、Mixでの汎用性は高いと思う。もっとも、MALAKIのGranny’s KissやTFBのApple 509で十分に代用できるので、わざわざ入手性の悪いこれを買う必要があるかと言われると、それも少し微妙ではある。
MALAKIのGranny’s Kiss、TFBのApple 509、AFSEのHookah Matata、このあたりが好きならば試す価値はある。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031