シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / Cherry(真っ黒に熟れたアメリカンチェリーの皮のような香り)

time 2015/11/01

Fumari / Cherry(真っ黒に熟れたアメリカンチェリーの皮のような香り)

香りについて

他社では少し見かけない感じのチェリーの香り。
真っ黒に熟れたアメリカンチェリーの皮のあたりの香りという印象。もしくは、シロップ漬けのダークチェリーの缶詰のような香り。
いくつかのCherry系にある鼻を抜けるツンとした香りは無く、独特のコクがある。基本的にはCherry系が好きな人向けという印象で、ドッシリとシックな香り。それでいて、酸味のあるチェリーらしいテイストも少々あり、クドく感じにくい。
Fumariにしては珍しく香りの輪郭がハッキリしており、分かりやすい。
 

煙について

煙の量と質はFumariの平均。ドッシリしたボリュームのある吸いごたえだが、非常にウェットでスムーズ。
タバコ的な重さはFumariの平均で軽め。たいていの他の会社より軽い。火加減を強めで維持していれば、香りの持ちはFumariの平均より長い。Phunnelの傾きでシロップが偏ったりしていなければ、焦げることは無い。
ただ、Fumariの平均より安定感はあるものの、香りをシッカリ出すには少し調節が必要。火が弱いとFumariのベースの香りが目立つので、初めによく蒸らし、少し強めの火加減を維持するのが良いと思う。
やや火の調節にクセがあるが、煙の量と質は良い。
 

(総評)76点

個人的にCherry系に思い入れは無いが、最後まで楽しめた。ケミカルなクセが無い割に、香りに良い特徴がありハッキリしている。
ボディのある香りとキレを求めるなら、ナハラ MizoのCherryが良いだろう。穏やかなクセの無さを求めるなら、CNのBlack Pearlを選ぶと良いだろう。Cherry系は会社にごとに違った特徴があるので、吸い比べると面白い。
他社に珍しい感じのコクやシックさを求めるなら、非常にオススメできる。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930