シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Tangiers Noir / Welsh Cream(ベイリーズやアーモンドクリームのような、コクと香ばしさのあるCream系)

time 2018/03/15

Tangiers Noir / Welsh Cream(ベイリーズやアーモンドクリームのような、コクと香ばしさのあるCream系)

香りについて

Welsh Creamはベイリーズのようなクリームを使ったリキュール。
メインはVanilla系の香りのあるマッタリした甘さのCream系で、後味にローストしたナッツのような香ばしさが少々混じるのが特徴。
後味に少々の香ばしさがある点ではAFSEのRich Cremeと似ているが、それよりマッタリした甘さとVanilla系の香りが強く、Cream系らしさが分かりやすい。
ちなみに、Tangiersの2005 BlueberryもCream系のMixだったが、それと比べると後味の香ばしさのおかげで、全体にマッタリめでコクがある。
ベースの香りも後味の香ばしさの一部と言う感じで、うまく溶け込んでおり悪目立ちするようなことが無い。
ベイリーズやアーモンドクリームのような、コクと香ばしさのあるCream系の香り。

煙について

煙の量と質はTangiersの平均より良い。
Cream系であるため、それ特有のモワッとした煙の量と質で、ボリュームとウェットさに優れる。
タバコ的な重さはTangiers Noirの平均で重い。おおよそAFの2.0~2.2倍ぐらいだと思う。
香りの持ちはTangiersの平均か、それより少し長い。時間による香りの変化も少ない。
安定感はTangiersの平均か、それより少し良い。Tangiersとしては割と高温にも耐える印象で、Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節で苦労することは少ないと思う。
ちなみに、シリコンボウルで作る方がCream系のテイストがハッキリ出ると感じた。個人的には、陶器のPhunnel系よりもシリコンボウルで作る方が良いと思う。
煙の質や香りの持ちなど、全体的に優秀な煙。

(総評)86点

個人的にAFのCream with MintなどのCream系が好きなので、これもかなり楽しめた。
Cream系のテイストがハッキリしており、マッタリした甘さも強く、Cream系と言われて想像する香りに近く分かりやすい。
また、Tangiersのベースもうまく全体に溶け込んでおり、悪目立ちしていないのも良かった。
明らかなCinnamon系の香りなどは無いものの、いくらかの香ばしさなどがある点で、やはりマッタリしたChai系が好きな人に良いのではないかと思う。
Tangiersなのでタバコ的な重さの問題はあるが、FumariのSpiced ChaiSB SerpentのGee SpotやTangiersのHorchataあたりが好きであれば、試す価値は大きい。
Tangiersの中では間違いなくアタリの部類だと思う。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031