シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Fumari / White Peach(非常に洗練されたPeach系)

time 2015/11/02

Fumari / White Peach(非常に洗練されたPeach系)

香りについて

果物のピーチの香りというよりも、シーシャのピーチ然とした香り。
ナハラMizoのPeachのようなタバコっぽい香りは無いが、煙を吐き終えるときの香りに少しクラシックなPeach系の要素がある。もっとも、それらより香りと甘さの厚みや煙の質が数段良いので、最終的な印象は別物。
SBのWhite Peachは、甘さと爽やかさなどの個々の香りの輪郭がハッキリしていたが、それと比べると香り全体に調和というか一体感がある。SBのWhite Peachと比べるとマッタリした甘さが強いが、FumariのNectarineよりは甘さが控えめ。
定番の香りだが細部まで良く作り込まれており、ありそうで無かった絶妙なバランス。変な工夫や新しい香りに逃げておらず、基本に忠実ながら非常に洗練されている。
個人的にはWhite Peach系の中ではこれが最も美味しいと思っている。非常にオススメ。
 

煙について

煙の量と質はFumariの平均。Fumariらしい煙で、ウェットでボリュームのある吸いごたえが楽しめる。やや甘さがノドに残るが、香りの出来が良いので気にならない。
タバコ的な重さはFumariの平均。他社と比べると非常に軽い。香りの持ちはFumariの平均より長い。SBのWhite Peachより香りが長く続く。
安定感はFumariの平均。シリコンボウルとKaloud Lotusの組み合わせでもPhunnelでも問題なく吸える。一部のFumariのフレーバーのように、煙は出るが香りのノリが悪い状態にもなりにくく、火の調節も容易。
Nectarineのようなウェットさは無いが、なかなか良い煙。
 

(総評)86点

Nectarineは良く出来た新しいPeach系の香りだったが、これは昔からあるPeach系の香りを2世代ほど進歩させた感じ。
よりマッタリした甘さのPeach系を吸いたいなら、Nectarineを試すと良いだろう。Nectarineは煙の質も非常に良い。
White Peach系の香りが好きであれば、これを試す価値は非常に大きい。定番の香りが非常な高水準でまとまっている。自信をもってオススメする。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031