シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

StarBuzz Vintage / Dark Mist(ケミカルさの少ないサッパリしたBlue Mist系)

time 2015/12/09

StarBuzz Vintage / Dark Mist(ケミカルさの少ないサッパリしたBlue Mist系)

香りについて

ケミカルさの少ないサッパリめのBlue Mist。パッケージにはブラックベリーの絵がプリントされているが、メインはブルーベリーの香り。
SBのBlue Mistはマッタリしたブルーベリーの香りが強かったが、それと比べると甘さが控えめで全体にスッキリまとまっている。
わずかだがベリーの酸味を思わせるテイストのある、穏やかな甘い香りがメイン。そこに、煙を吸う時と吐く時に少しノドがスッとする程度の弱めの清涼感が混じる。多くのMist系と同様、スペアミントの香りはしない。
ブルーベリーの香りの濃さやサッパリ加減などの点で、AFのBlueberry with Mintや、ナハラのIce Blueberryあたりに近い仕上がり。ブルーベリーの香り自体はいくらか人工的であるものの、SBやSBBのフレーバーと比べるとケミカルな感じはかなり控えめ。
使っているタバコの葉のせいか、ベースの香りにどこか土っぽいナチュラルなテイストがあり、ケミカルさを抑えている感がある。また、この香りがサッパリしたBlueberryの余韻を上手くフォローしており、香りに奥行きが感じられる。ベースの香りを上手く活かしていると思った。
香りの輪郭がハッキリしている割に、ケミカルさやクドさが少なく、サッパリしていて良い。
 

煙について

煙の量はSBVの平均。煙の質はSBVの平均か、それより少し良い。Fumariに似た、ウェットでスムーズなボリュームのある煙が楽しめる。
タバコ的な重さはSBVの平均。TangiersやNirvanaよりは軽いが、AFよりは少し重い。香りの持ちはSBVの平均。
シリコンボウルとKaloud Lotusであれば、かなり適当にしていても焦げることは無い。火の調節が少し面倒になるが、Phunnel系でも香りと煙の出方は問題無い。安定感があって扱いやすい。なおPhunnel系の場合は、少し高めの温度で維持する方が、ベースの香りを含めた香りの出が良いと感じた。
煙の量と質が良い割に安定感があって扱いやすい。なかなか優秀。
 

(総評)77点

ベースの香りがブルーベリーの香りに奥行きを与えており、良い仕事をしている。個人的には結構好みの香りだった。
アメリカの会社にありがちな、やり過ぎ感や露骨なケミカルさが無く、かなり馴染みの良い香りにまとまっている。良い意味でSBらしくない。
ただ、やはりタバコ的な重さがそれなりにあるため、普段Fumariあたりに慣れ親しんでいる人は、少しグッタリくるかもしれない。普段からAFに慣れ親しんでいる人であれば、少し重いなと感じる程度だと思う。
そのあたりを除けば、ケミカルさやクセの少ない香りで煙の量と質も良く、優秀な出来。AFのBlueberry with Mintや、ナハラのIce Blueberryあたりが好きであれば、試す価値は非常に大きい。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031