シーシャ・水タバコのフレーバーやボウルのレビューブログ byダビデ

シーシャ・水タバコについてのブログ。フレーバーのレビュー 500種類以上、ボウルのレビュー、ボウルごとの作り方や炭の調節、テクニックなど。

Trifecta Blonde / Twice the Ice(シャープで冷たい清涼感、丸みのある可愛らしい甘さが特徴)

time 2020/06/14

Trifecta Blonde / Twice the Ice(シャープで冷たい清涼感、丸みのある可愛らしい甘さが特徴)

香りについて

シャープで冷たい強めの清涼感に、丸みのある可愛らしい甘さ。
PureのFMLがヒットしてから急激に増えたタイプの、最近のアメリカの会社のMint系っぽいキリッとしていてシャープな強い清涼感。清涼感の強さはTFDのDeath by Iceより少し弱い程度。
そこに、丸みのある可愛らしい甘さが混じる。強いて言うなら、SBのCandyのような甘さだろうか。Mint系としては割と甘さが強めで、ケミカルさは無いが何となくお菓子っぽい甘さなのが特徴。
清涼感の性質や強さはTFBのTwice the Ice XtremeやTFDのDeath by Iceと似ているが、それらが後味にビターがあり全体にスッキリとした仕上がりだったのに対し、こちらは割と甘さが強めなので、最終的な印象は異なる。
何となくお菓子っぽい甘さが強めに入ったMint系というのは、意外と他社には珍しい。それでいて清涼感がシャープで強いので、クドさは感じない。
丸みのある可愛らしい甘さが特徴の、シャープで冷たい清涼感。

煙について

煙の量と質はTFBの平均。
清涼感が強いので、それによるノドへの当たりはあるが、変にチリチリする感じなどは無い。
タバコ的な重さはTFBの平均。AFと同じか、それよりわずかに重いぐらい。
香りの持ちはTFBの平均。清涼感は時間とともに弱まるが、仕方ないな、という程度。甘さは長く続く。
安定感はTFBの平均。火加減に応じて清涼感が強くなったりはするが、焦げたり崩れたりはしにくい。Kaloud Lotusを使っているのであれば、火の調節は容易。
シリコンボウルでも陶器のPhunnel系でも、香りの出方に大きな違いは無かった。ただ、陶器のPhunnel系で作る方が煙の質が少しキリッとして甘さも控えめに出るので、よりスッキリしていて清涼感との相性が良いとは思った。
平均的なTFBの煙。扱いやすさや煙の質など、そつなく優秀。個人的には陶器のPhunnel系で作るのをオススメする。

(総評)84点

個人的にMint系が好きなので、これも非常に楽しめた。陶器のPhunnel系で作る方が好みだった。
大手の海外通販サイトの説明などで、Twice the IceはTFBの目玉あるいは売れ筋という感じでフィーチャーされていたが、それも納得の出来。
他社のMint系に多く見られる、グリセリンなどにより副次的に生じた甘さという感じではなく、少し甘めにしようという明確な意図のもと加えられた甘さという感じなのが面白かった。
個人的には、TFDのDeath by Iceのような少々のビターさがあって全体に非常にスッキリとした強めの清涼感の方が好きだが、これのようにそれなりに強めの甘さが入ったものも普通にアリだと思った。
Death by Iceよりもこちらの方が、甘さの部分に清涼感以外の味わいがあるので好き、みたいな人も普通に多いだろうと思う。
AB OriginalのAlpine MintTFDのDurty MintSBVのAlaskan Feeze、このあたりが好きなら、試す価値は非常に大きい。人気があるのも納得。

down

コメントする




ボウルごとの作り方や火の調節



カテゴリー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031